東京理科大学発ベンチャー企業で圧縮空気利用のユニークなアシストスーツ(装着型ロボット)「マッスルスーツ」を手掛けるイノフィス(東京・新宿)。2017年12月に代表取締役社長に就任した古川尚史氏は現在、新製品の準備を進めていると明らかにした。7月中旬に開催された取締役会・株主総会で既に関係者に披露済み。詳細は明らかにしないが、古川氏の事業改革を主導する第1弾製品になるという。一般にお披露目する前にまず販売代理店などからの意見を集めて製品の完成度を高める考えだ。

イノフィスの古川尚史代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 業務のやり方も次々と改革している。2018年4月からはオフィスの席をフリーアドレス制に変え、個人で仕事のやり方を考えるようにした。毎週、月曜日午前には各社員に仕事の進捗度の報告を聞く。いくらか白熱する場面もあるようだ。

 2018年4月には企業情報を適切に発信するための広報専任者も採用した。普通の企業に脱皮するために社内の仕組みを次々と整えている。「できるだけ早く革新的な製品Xを公表する日を迎えたい」と、古川氏は語る。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら