タイヤ大手の米グッドイヤー(The Goodyear Tire & Rubber Company、以下:Goodyear)の日本法人は、新型のオールシーズン(夏冬兼用)タイヤ「Assurance Weather Ready」を2018年8月1日に発売した(図1)。季節や路面の状況を問わず同一のタイヤで走行でき、タイヤの交換コストを削減できる。新型品の投入によって、日本市場における存在感の向上を狙う。

図1 Goodyearの新型のオールシーズンタイヤ「Assurance Weather Ready」
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の新型品は、従来までのオールシーズンタイヤに比べて冬用としての性能は維持しながら、夏用としての性能を向上させた。特に、パターンノイズの発生を抑えることに成功したのが特徴だという。パターンノイズは、タイヤと路面間で発生した音がボディーやウインドーなどを通して車内に伝わる音。この音の削減が静かな車内空間の実現を左右する。

 性能の向上を狙って盛り込んだ技術は大きく二つ。一つはタイヤ接地面の溝形状を工夫したこと(図2)。接地面の車内側と車外側で溝形状を変える「アシンメトリックトレッドパターン」を採用した。車内側の溝形状は雪上や氷上における制動能力の向上を狙って波を打つような形状としている。車外側は通常の路面で高い性能を発揮しやすい形状にし、剛性を高めて摩耗を抑える技術を取り入れた。

図2 新型品の接地面、左が車外側、右が車内側
[画像のクリックで拡大表示]

 接地面の中央部分は、斜めに入れた溝が排水性を高めている。これにより、雨天時や降雪時でも走る・曲がる・止まるといった基本性能を維持できる。さらに、タイヤの摩耗が進んでも性能が下がらないように、使い込むと新たな溝が顔を出す溝形状を採用している。

 もう一つは、大豆由来の添加剤「Soybean oil」を構成するゴム材料に配合したこと。石油系から植物系に添加剤を変えたことで環境性を向上している。この添加剤を加えたオールシーズンタイヤ専用開発のコンパウンド(配合ゴム)によって、低温から高温まで多様な路面状況でも性能を落とさずに走ることができる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら