Infineon Technologiesのインダストリアルパワーコントロール(IPC)事業部プレジデントのPeter Wawer氏

 独Infineon Technologies(インフィニオン テクノロジーズ)は2018年7月3日に都内で記者説明会を開催し、インダストリアルパワーコントロール(IPC)事業部プレジデントのPeter Wawer(ピーター・バーウァー)氏が事業概況や日本市場での戦略を明らかにした。日本の顧客によるカスタマイズ要求に迅速に応えるため、日本に研究開発機能を新設する。

 Infineon Technologiesはパワー半導体の最大手企業。IPC事業では、自動車向けを除く産業用途向けパワー素子(Si IGBT/Siダイオード/SiC MOSFET/SiCダイオードなど)やドライバーIC、それらを統合したモジュール製品などを扱っている。売り上げ規模は自動車向け事業などに劣るが、近年の成長率は同社の中で最も高い。

左から2番目がIPC事業。左から1番目の自動車向け事業などと比べて売り上げ規模は劣るが、直近の成長率は最も高い。(出所:Infineon Technologies)
[画像のクリックで拡大表示]
インフィニオン テクノロジーズ ジャパン インダストリアルパワーコントロール事業本部事業本部長の針田靖久氏

 従来は、再生可能エネルギー(風力/太陽光)の発電や送電、産業機器のモーター制御といった用途が多かった。今後は、再生可能エネルギーを貯蔵するエネルギーストレージや、電気自動車の充電システム、協業ロボット、電動航空機/船舶の電動化などで需要の拡大が期待できるという。「例えば、協業ロボットの位置決めなど高精度なモーター制御にパワー素子を活用できないかという相談が寄せられている」(インフィニオン テクノロジーズ ジャパン インダストリアルパワーコントロール事業本部事業本部長の針田靖久氏)。

IPC事業の主なターゲット。従来の再生可能エネルギーの発電や送電、産業機器のモーター制御に加えて、今後はエネルギーストレージや電動航空機/船舶などでも需要拡大を見込む。(出所:Infineon Technologies)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら