米Xilinx(ザイリンクス)社の社長兼CEOのVictor Peng氏は、米サンノゼで開催の「XDF(Xilinx Developer Forum) 2018」(2018年10月2日)の基調講演において、データセンター及びAI推論向けアクセラレーターカードとして「Alveo」を発表した(日本語ニュースリリース)。「Alveo U200」および「Alveo U250」の2製品からなる。

Alveoカードを紹介するVictor Peng氏。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 U200とU250の2製品は、どちらもPCI Express Gen 3 x16デュアルスロットのアクセラレーターカードである。同社のFPGA「Virtex UltraScale+」製品からAlveo向けに特別に選別したチップを搭載する。U200とU250に搭載したFPGAはそれぞれ「XCU200」と「XCU250」である。U200とU250は共に、4本のECC付きDDR4-2400 DIMMスロットを備えており、最大64GバイトのDRAMを利用できる。主要なスペックは下表の通り。

主な仕様。Xilinxのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら