エイチ・アイ・エスと日本通信が設立した共同出資会社、H.I.S.Mobileが海外渡航者向けのモバイルデータ通信サービス「変なSIM」を始めた。サービス開始は2018年7月1日で、75カ国・地域で使える。

 風変わりな名称の由来は、「H.I.S.ホテルホールディングスが展開する『変なホテル』と同じで、変わって進化していくという意味。旅行業界ではあまり普及していない変わったサービスという意味もある」(H.I.S.Mobileの猪腰英知社長)。一体、どこが変わっているのだろうか。

「変なSIM」で提供する普通のSIMカード。このほかに変な形状のSIMカードがある
(出所:H.I.S.Mobile、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

対象国・地域のどこでも24時間500円

 変なSIMでまず目を引くのは料金。どの国・地域も24時間で500円(不課税)と低く抑えた。「500円均一にしたのはシンプル・イズ・ザ・ベストの考え方から。実は採算度外視のところもあるが、分かりやすさや計算のしやすさを重視した」(猪腰社長)。

 基本料はなく、通信する日数分だけデータ容量を購入すればよい。これ以外にかかるのは加入時に支払うSIMカード本体価格1980円(2018年9月末までオンライン購入時は990円)だけだ。

 最近では海外Wi-Fiレンタルなどと呼ばれるサービスも充実してきた。海外渡航者向けにモバイルWi-Fiルーターをレンタルするもので、渡航先や申し込み方法によっては1日当たりの料金が変なSIMと大差ないケースがある。ただしレンタルルーターは、渡航期間中の通信しない日も料金が発生し、故障が不安なら料金を加算して保険を付ける。

 変なSIMであれば、使わない日はデータ容量を購入しなければよく、保険を考慮しなくてよい分、コストを抑えられる。この点を考慮すると、レンタルルーターより安上がりになるとアピールする。

 低料金の代わりに通信容量は24時間で200Mバイトと少ない。この点について猪腰社長は「レンタルルーターにも1日の通信容量が設定されており、少ないほうから250Mバイト、500Mバイトといったプランがある。レンタルルーターはよく複数人で使うことを踏まえると、現時点で1人24時間200Mバイトはそれほど少なくない」とする。200Mバイトを使い切ると、通信速度は利用手続き後24時間を経過するまで128kビット/秒に抑えられる。

スマートフォンアプリの通信容量購入画面
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら