開館前から国内外で大きな話題になっていた、森ビルとチームラボが共同運営する新しい美術館「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless」が、2018年6月21日に東京・お台場にオープンした。デジタルアートのみで構成する1万平米もの巨大ミュージアムは、様々なIT機器やソフトがふんだんに使われた世界最大規模の映像演出空間である。その裏側をのぞいてみよう。

 このミュージアムの最大の特徴は、約50の作品から成る施設全体が、まるで1枚の大きなキャンバスのように扱われていることだ。各作品には「額縁」に相当するような境目がない。壁や床、天井に投写される人や動物、植物、虫、文字などの映像は来場者の行動などに影響を受けながら、施設の中を自由自在に動き回る。作品同士が連続性を持っているのだ。これがミュージアムの名称に掲げられた「Borderless(ボーダレス)」の意味である。

 作品の多くはプロジェクターから投写される光の映像である。しかも白壁(ホワイトキューブ)に囲まれた一般的な美術館とは違い、館内は真っ黒な壁で覆われている。照明も少なく、あえて内部を暗くし、一方で鏡を多用することで「迷宮」を作り出している。

暗闇と鏡に囲まれた空間に映し出される映像を、地図もなく館内をさまよいながら楽しむ。天井にある赤色の丸はプロジェクター
[画像のクリックで拡大表示]

 来場者は自分が今どこにいるのか分からないような感覚を抱きながら、自由にミュージアムを探索する。迷路の中で作品を見つけて楽しんだり、暗闇の中で光る映像に見入ったりすることで没入感を高める仕掛けになっている。来場者はとにかく館内を歩き回ることになる。

 驚くのは、来場者に館内マップを配布しないことだ。ミュージアムには順路もない。地図を配るべきかは最後まで激論が続いたが、最終的に「なし」になった。そのため、いくつかの作品は見逃すこともあるだろう。それでも「ここで何を体験できたかに重点を置いた。人もアートも定位置にとどまらず、常に移動し、来場者と作品が混ざり合う空間を作りたかった」と、チームラボの猪子寿之代表は説明する。

 猪子代表は今や、創業当初のITベンチャー社長というイメージはない。デジタルアート界をけん引する世界的なアーティストの1人として知られる存在になっている。ただし、チームラボの作品は社名が示す通り、エンジニアやプログラマー、アニメーター、イラストレーター、数学者、建築家など多彩なチームメンバーが500人集まって、チームで作り上げたものとして発表される。チーム制作に徹底的にこだわり、個人名は出さず、どれもチームラボ名義の作品であることを貫いている。

6月21日のオープニングセレモニーであいさつした森ビルの辻慎吾代表取締役社長(左)。右がチームラボの猪子寿之代表
[画像のクリックで拡大表示]

 初日のオープニングセレモニーであいさつした森ビルの辻慎吾代表取締役社長は「2020年の東京五輪を目前に控え、現代アートで東京の魅力をもっと高めたい。そのためにチームラボと組み、世界に類を見ないミュージアムを作り上げた」と自信を込めた。森ビルが建てた過去の代表的な施設と言えば、六本木ヒルズがある。最上階には森美術館があり、今も集客の柱になっている。DIGITAL ART MUSEUMもお台場の新名所になることは間違いない。

エンジニアでさえ、どこにどの映像が出るのか分からない

 館内を埋め尽くすデジタルアートの映像は形を変えながら絶えず動き続け、それこそ部屋から部屋へと境界なくボーダレスに移動し、現れては消えていく。しかも来場者の動きに合わせて映像はどんどん変化していくため、チームラボのエンジニアでさえも、今この瞬間にどこでどの映像がどんな形で映し出されているのかを正確に把握することはできないという。ただし、別々の作品のCG(コンピュータグラフィックス)が重なり合っても映像が見にくくならないように制御している。

 時に、花が咲いたり散ったり、人や動物が近寄ってきたりしたかと思えば、突然消えたりする。カラスや蝶の群れが来場者を追い抜いて飛んでいく。こうしたCGの制御こそ、様々な専門性を持ったエンジニアを何人も抱えるチームラボの強みだ。その映像演出や空間設計が世界中で評価されている。このミュージアムは、現時点でのチームラボの集大成と言える。

 いつも飄飄(ひょうひょう)としている猪子代表だが、今回のオープニングセレモニーでは珍しく、非常に緊張した面持ちで「こんなメチャクチャなことをさせてもらえて、本当にありがとうございます。今は意味が分からない施設かもしれないが、未来につながるものになればいいなと思っている」と感謝の言葉を述べた。今では世界中からオファーが絶えないチームラボだからこそ、森ビルもこれほどの大プロジェクトを任せた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら