ドイツ・ミュンヘン検察当局は2018年6月18日、同国アウディ(Audi)で最高経営責任者(CEO)のルパート・シュタートラー(Rupert Stadler)氏を逮捕した。フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)グループの排ガス不正問題に関与した容疑をかけられている。Audi広報部は、「身柄を確保されたことは事実で、それ以上はコメントできない」と答えた。

アウディCEOのルパート・シュタートラー氏(写真:Audi)

 2015年に発覚したVWの排ガス不正問題。排ガス規制をすり抜ける違法ソフトウエアをディーゼルエンジンに搭載して発売する不正を犯した。2018年5月、不正発覚当時にVWのCEOだったマルティン・ヴィンターコーン(Martin Winterkorn)氏が米国で起訴された。今回、グループ中核のAudi現役トップが逮捕されたことで、不正問題の終わりが見えない現状が浮き彫りになった。

 排ガス不正問題の対象になったエンジンは、2007年にVWが量産を開始した排気量2.0Lの4気筒ディーゼル「EA189」である。火の粉がVWに加えてAudiに飛びかかるのは、同エンジンに搭載した「ディフィート・デバイス(無効化装置)」と呼ばれる違法ソフトを、もともと開発したのがAudiとの指摘があるためとみられる。

 ニューヨーク・タイムズ記者のジャック・ユーイング(Jack Ewing)氏が書いた書籍「フォルクスワーゲンの闇」(日経BP社)によると、VWの技術者らが次期ディーゼル(EA189)に違法ソフトの搭載を検討したのが2006年半ばごろのこと。中でも北米の厳しい排ガス規制対応に悪戦苦闘していたとされる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら