数千万円から1億円程度のコアルーターは、専用ハードウエアを搭載して性能を高めている。一方、ソフトウエアとしてルーター機能を実装するソフトウエアルーターは、Linuxを搭載したパソコンで動作するため安価にルーターを実現できるが、性能は高価なコアルーターよりも1桁から2桁低い。

 この常識を打ち破るソフトウエアルーターが現れた。NTTコミュニケーションズが開発し、2018年6月に発表した「Kamuee」だ。200万円程度のパソコンと1枚10万円程度のネットワークカードを複数組み合わせて使えば、高価なコアルーターと同等の性能を実現できるという。

Kamueeの開発を手がけるNTTコミュニケーションズ 技術開発部の小原康弘主査
[画像のクリックで拡大表示]

 Kamueeの速さの秘密は、NTTコミュニケーションズと東京大学が共同開発した画期的なアルゴリズムと、米インテル(Intel)が開発した新技術にある。

キャッシュ内で処理が完結

 従来のソフトウエアルーターの性能が低かったのは、大きく二つの課題を抱えていたからだ。「経路検索能力の低さ」と「パケット転送能力の低さ」である。ソフトウエアによる経路検索処理は、経路検索に特化したハードウエアに比べるとどうしても遅かった。また、従来のソフトウエアルーターはLinuxカーネルが他の処理の合間にパケットを転送していたため、パケットの転送の高速化に限界があった。

 Kamueeでは、経路検索に「Poptrie」(ポップトライ)という新しいアルゴリズムを採用することで、検索能力を大幅に向上させている。Poptrieは、開発当時は東京大学所属で、現在はPreferred Networksに所属する浅井大史(あさいひろちか)氏が中心になって開発した。NTTコミュニケーションズはPoptrieの特許を取得している。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら