イスラエル・モービルアイ(Mobileye)の最新画像処理チップ「EyeQ4」が中国で世界初採用となったことが分かった。中国の電気自動車(EV)ベンチャー蔚来汽車(NIO)が、2017年12月に発売した「ES8」に搭載した(図1)。

図1 Mobileyeの画像処理チップ「EyeQ4」を搭載するNIOのEV「ES8」
[画像のクリックで拡大表示]

 Mobileyeは2017年の時点で世界27の自動車メーカーの313車種に画像処理チップ「EyeQ」シリーズを供給している。従来品の「EyeQ3」までは欧州メーカーに「世界初採用」を与えてきた。第4世代となるEyeQ4でついに、その序列が崩れた。

 EyeQ3は単眼カメラ向けで、国内だけでも日産自動車やマツダが採用している。最新版のEyeQ4では、3眼に対応し、これまで以上の性能が期待される。

 自動ブレーキや自動運転向けセンサーはこれまで「単眼カメラもしくはステレオカメラ」が常識だったが、今後は「3眼」という流れが出てきそうだ。

中国市場にこそ最新技術

 NIOのES8の価格は44万8000元(1元=17円換算で約762万円)と、中国では米テスラ(Tesla)の「モデルX」の半額で購入できる。NIOは2014年に創業したばかりの新参者だが、自動車業界からの評価は高い。

図2 EyeQ4の外観。伊仏合弁STマイクロエレクトロニクスが製造を担当
[画像のクリックで拡大表示]

 「中国メーカーは着々と実力を付けているし、クルマを評価する消費者の目も厳しい。昔は一世代前の機能を載せておけばよかったが、最新技術を投入していかないと勝負できなくなってきた」――。

 ある日系自動車メーカーの中国担当役員はこう打ち明ける。潮目の変化が形として現れたのが、今回のNIOによるEyeQ4採用なのだ(図2)。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら