米MSC Software(エムエスシーソフトウェア)社は、クルマのドライブシミュレーションなどについて、実時間の100倍速での計算を目指した開発プロジェクト「X100」について明らかにした。2018年5月30日に開催したイベント「MSC Software 2018 Users Conference」で、エムエスシーソフトウェア(本社東京)代表取締役社長の加藤毅彦氏とMSC Software社President and CEOのPaolo Guglielmini氏が、それぞれ講演で言及した(図)。

図 米MSC Software社の自動運転への取り組みを示す説明資料
図 米MSC Software社の自動運転への取り組みを示す説明資料
中央右の「X100」が実時間より速いシミュレーションを示す。(出所:エムエスシーソフトウェア)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら