SUBARU(スバル)は、小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「クロストレック(Crosstrek、日本名:XV)」をベースにして開発したプラグインハイブリッド車(PHEV)を2018年内に米国で発売する。同社社長の吉永泰之氏が、2018年5月11日に都内で開いた2017年度(2017年4月~2018年3月)連結決算の会見で明らかにした(図1)。

図1 スバル社長の吉永泰之氏
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のPHEVは、同社の主力市場である米国のZEV(Zero Emission Vehicle)規制に対応するための車両の一つになる。例えばカリフォルニア州の同規制は2018年から強化されており、規制対象のメーカーが増えた。スバルも2018年から、規制対象に含まれる。「米国の規制に対応する車両であるため、今のところ日本を含む他の地域に投入する計画はない」(吉永氏)という。

 PHEVに搭載するハイブリッドシステムは、資本関係にあるトヨタ自動車のシステムを改良した。組み合わせるエンジンは、水平対向エンジンである(図2)。

図2 米国向けのPHEVはXVベース
(出所:スバル)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら