「駐車場シェア」大手のakippaは、出口で利用料金を精算するようなゲート式駐車場でのシェアを始める(図1)。電子錠大手のアートと共同で開発した管理システム「シェアゲート」を導入し、これまでシェアができなかった駐車場を利用できるようにする。続々と同市場に参入する競合他社を、利用可能な駐車場を増やすことで突き放す。

図1 akippaの管理システムを導入したゲート式の駐車場
[画像のクリックで拡大表示]

 akippaは2014年に駐車場シェアの仕組みを始めた先駆者だ (関連記事:クルマの利便性を高める新しいシェア、拡大する駐車場シェアに続々参入)。駐車場シェアは、月極や個人の駐車場を空いているときに貸し出すサービス。利用料金を近郊の有料駐車場の半額以下に抑えて提供し、akippaはそのうち約5割を手数料として得ている。駐車場の検索や決済にはスマートフォン(スマホ)を使う。

 今回開発したシステムは、通信機能を備えた端末を精算機部分に搭載して実現する。予約の手順は従来と同様だ。スマホやPCの画面で駐車場を検索し、利用料金などに同意して予約を実行する。

 違うのはここから。運転するクルマが駐車場のゲートに近づいたら、スマホのBluetooth機能を起動して駐車場側の端末と接続する(図2)。スマホ画面に表示した鍵のイラストを押してゲートを開ける(図3)。Bluetoothの認識距離は半径約3m。アプリケーション(アプリ)を起動していれば、ETCのように通過するだけでゲートを開けることもできる。スマホを使った開錠以外に、事前に取得した番号を通信機のタッチ画面に入力する方法がある。スマホを所有していなくても利用できる。

 ゲート式駐車場でのシェアが可能になれば、ホテルや商業施設、大型ビルなどにある大規模駐車場の稼働率を高められる。駐車場不足に対する懸念が広がる都心部で、多くの拠点を確保できるのが強みだ。

図2 通信機能を備えた端末を精算機部分に搭載(写真右)
[画像のクリックで拡大表示]

図3 スマホ画面に表示した鍵のイラストを押してゲートを開く
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら