ドイツ・フォルクスワーゲン(VW)グループのアウディ(Audi)は、2018年内に量産する電気自動車(EV)の駆動モーターに、永久磁石を使わない新開発の誘導モーターを採用する。EVやハイブリッド車(HEV)では、小さく高トルクにしやすい永久磁石式モーターを使うのが一般的で、誘導モーターの採用は珍しい。中国に偏る磁石材料の調達リスクを避けた。走行中にモーターを停止するときの損失低減も図る。

[画像のクリックで拡大表示]
AudiのEVの新プラットフォーム。床下に電池を敷き詰める。前に1基、後ろに2基の誘導モーターを搭載。2018年4月末に開催したパワートレーン国際会議「第39回ウィーンモーターシンポジウム(39th Internationales Wiener Motorensymposium)」で披露した。

 Audiは2018年5月9日、2025年にEVとプラグインハイブリッド車(PHEV)で合わせて80万台販売する目標を掲げた。同社の世界販売の約1/3に相当し、多くをEVが占めるとみる。次期EVは、Audiにとって目標達成のカギを握る戦略車と言える。同車のプラットフォームや部品を流用し、25年までに20車種以上のEVとPHEVを投入する計画である。

 年内にEV「eトロン(e-tron)」シリーズのSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)をベルギーBrussels工場で生産し、欧州で発売する。誘導モーターはハンガリーGyor工場で内製。車両の前に1基、後ろに2基搭載する4輪駆動車(4WD)である。合計出力は320kWと大きく、エンジン車のSUV「Q7」と「Q5」の間に位置する車両とした。

[画像のクリックで拡大表示]
2018年後半にSUVのEVを量産する計画(出所:Audi)

 誘導モーターは、外側の固定子(ステーター)に搭載したコイルに電流を流して誘導電流を発生し、導体で造る内側の回転子(ローター)を動かすもの。ローターに永久磁石を使わない非同期モーターである。Audiが同モーターに着目したのは、「材料調達のリスクが小さい」(同社Head of the Central Development-Drive Systems Architecture and Integration DepartmentのSiegfried Pint氏)ことが大きい。

 EVなどの永久磁石式モーターでよく使うネオジム-鉄-ホウ素(Nd-Fe-B)系磁石、いわゆるネオジム磁石は、希土類元素(レアアース)のNdに加えて添加剤のジスプロシウム(Dy)の生産が中国に集中し、調達に不安がある。中国はかつて、レアアースの輸出規制を実施した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら