2018年5月9日、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯大手3社が新メッセージングサービス「+(プラス)メッセージ」を開始した。SMSの後継という位置付けで、「打倒LINE」と目されるサービスだ。

 特徴は携帯電話番号だけでコミュニケーションの相手を指定できること、そして携帯大手3社が同時にほぼ共通のサービスを始めることだ。実現しているのが「RCS」(Rich Communication Services)と呼ぶ仕組みである。RCSが+メッセージをどう実現しているのか、仕組みや背景に迫る。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「+メッセージ」の画面イメージ
(出所:NTTドコモ)

意外と古いRCS

 RCSの歴史は意外に古い。当初はRich Communication Suiteの略称だった。2007年に欧州で業界団体のRich Communication Suite Industry Initiativeが設立され、2008年には携帯電話関連の標準化団体であるGSMA(GSM Association)で仕様策定のプロジェクトが始まった。

 それから約10年も後の2018年というタイミングに、なぜサービスインとなったのか。その理由の一つとして投資の順番としてLTEを優先したからと説明する。「RCSとLTEは全然違うものです。ただ革新的な技術なので、投資の順番を付ける必要がある。我々はLTEから始めたということです」(NTTドコモの藤間 良樹 スマートライフ推進部 コミュニケーションサービス担当部長)。

NTTドコモの藤間 良樹 スマートライフ推進部 コミュニケーションサービス担当部長
[画像のクリックで拡大表示]

共通仕様を規定するユニバーサルプロファイル

 RCSではメッセージングのほか、チャット、VoIP、テレビ電話、コンテンツ共有、プレゼンス情報など、様々なサービスを定義している。ただし、今回の+メッセージでは、メッセージングサービスだけを採用している。

 RCSのサービスの技術仕様を定めているのがGSMA発行の「Universal Profile」(ユニバーサルプロファイル)である。これに準拠することで、各事業者の相互接続を担保できる。ただ、複数の事業者が共通のサービスを問題なく提供できる半面、各社独自の工夫を縛る面もある。

 +メッセージは従来のSMSに比べ、送信できる文字数が大きく増え、写真や動画も送れるようになったことが売りだ。送信できる内容は、テキスト・絵文字が最大全角2730字、写真・動画が最大100Mバイトとなっている。これは、ユニバーサルプロファイルでの推奨値を採用したものだ。

 「3社で同時にサービスを始められるように、できるだけRCSの仕様に準拠したいと考えていました。このため、独自仕様を盛り込むのを諦めたこともあります」(NTTドコモの戸部 章子 スマートライフ推進部 コミュニケーションサービス コミュニケーションサービス担当課長)。

 さらに、仕様で定めていない部分の調整についても苦労したという。「そういった部分を、私たちは“方言”と呼んだりします。細かいところの自由度は結構あるんです。そこをきっちり合わせる必要がありました」(戸部担当課長)。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら