物流の世界にもシェアリングエコノミーが本格的に持ち込まれる。大和ハウス工業とグループの物流会社ダイワロジテックは2018年4月25日に、AI(人工知能)で動きを制御する物流ロボや、ピッキングロボなどを取り入れた次世代型の物流施設「Intelligent Logistics Center PROTO(インテリジェント・ロジスティクス・センター・プロト)」を新設する。千葉県市川市にある大和ハウスの物流センター「DPL市川」の2階にオープン。これに先立ち、同18日に内覧会を開催した。

千葉県にある大和ハウス工業の物流センター「DPL市川」
(出所:大和ハウス工業)
[画像のクリックで拡大表示]
大和ハウス工業の次世代型の物流施設「Intelligent Logistics Center PROTO」の前に立つ、大和ハウスグループの関係者と最初の荷主になる3社のトップ。中央が大和ハウス工業の浦川竜哉取締役常務執行役員。その右がダイワロジテックの秋葉淳一代表取締役社長CEO。一番左がGROUNDの宮田啓友代表取締役社長CEO。一番右がHacobuの佐々木太郎代表取締役社長。背後には「動く棚」が見える
[画像のクリックで拡大表示]

 Intelligent Logistics Center PROTOで提供するのは、物流のシェアリングサービスである。複数の荷主が最新のITやロボットを駆使した物流施設を共有し、出荷量に応じて従量課金制でサービスを利用できる。荷主の規模にかかわらず、サービスの利用料金が一律なのが物流シェアリングの売り物といえる。

 最初の荷主は、ファッションレンタルを手がけるエアークローゼット、通販サイトを運営するwaja(ワジャ)、日本のポップカルチャー商品を国内外に販売するTokyo Otaku Modeの3社。エアークローゼットとwajaは取り扱う全商品、Tokyo Otaku Modeはまず全体の3割程度をIntelligent Logistics Center PROTOから出荷していく。

 wajaの村田高宗代表取締役CEO(集合写真の右から2番目)は「我々のようなスタートアップ企業1社では大きな物流投資はできない。待ちに待ったサービスの誕生だ」と熱を込めて語る。

 大和ハウスグループは2018年中にも、同じ千葉県にある「DPL流山 I」にも、同様の施設を開設する予定だ。そのためにも今回のDPL市川は「実際の物流業務をこなしながら、同時に大和ハウスグループが目指す物流シェアリングサービスの研究開発拠点と位置づけて、横展開の準備を進める」。Intelligent Logistics Center PROTOのキーパーソンといえるダイワロジテックの秋葉淳一代表取締役社長CEOはこう説明する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら