台湾MediaTek社は、米Microsoft社の「Azure Sphere」に対応したセキュアーなMCUとして「M3620」発表した(ニュースリリース1)。Azure Sphereは、IoT機器向けのセキュリティーソリューションで、(1)IoT機器向けのセキュアーMCUと(2)LinuxベースのセキュアーOS、(3)IoT機器をセキュアーに管理するクラウドサービスの3要素からなる(関連記事1)。

Azure Sphereは3つの要素からなる。Microsoftのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 (1)のセキュアーMCUに関して、Microsoftは設計仕様を半導体メーカーに提供し、半導体メーカーがチップを開発・販売する。セキュアーMCUにはMicrosoftが設計した「Pluton」と呼ばれるセキュリティーサブシステムが搭載されており、Azure Sphereを利用することで、安全性を担保してIoT機器をクラウドに接続できる。

 今回MediaTekが発表したMT3620は(1)の設計仕様に沿っており、アプリケーション・プロセッサー・コアとして500MHz動作の「Arm Cortex-A7」を搭載する。また、2つの「Arm Cortex-M4F」を搭載し、周辺回路をサポートする。周辺回路には、UART/I2C/SPIが5本、I2Sが2本、8チャネルA-D変換器、PWMカウンターが12個、GPIOが72が用意されている。Cortex-M4Fは、リアルタイムのI/O制御やその他の一般的な演算や制御を担うとする。これら3つのCPUコア(Cortex A7 が1個とCortex-M4Fが2個)は、ユーザーが直接アクセスできる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら