セキュリティー企業のアズジェントは2018年4月12日、コネクテッドカー向けのセキュリティー技術を手がけるイスラエル・アップストリーム・セキュリティー(Upstream Security)と代理店契約を締結したと発表した。2018年5月からアップストリーム・セキュリティーのセキュリティー管理ソフト「Upstream」の国内販売を開始する。

 今回の代理店契約でアズジェントが販売するコネクテッドカー向けのセキュリティー製品は3系統に増えた。(1)イスラエル・カランバ・セキュリティー(Karamba Security)の車載型セキュリティー製品、(2)米アークサン・テクノロジーズ(Arxan Technologies)の自動車用スマートキー向けセキュリティー製品、(3)今回のUpstream、である。「これら三つを組み合わせることで、コネクテッドカーのセキュリティー対策を万全にできる」(アズジェント社長の杉本隆洋氏)という。

 今回のUpstreamは、自動車メーカーやフリート管理会社が自社のデータセンターに導入して利用する。車両-データセンター間の通信や、データセンター-スマートフォン(スマートキーアプリなど)間の通信を常時監視し、サイバー攻撃を受けている車両が何台あるか、いつどこで攻撃を受けたのかなど、さまざまな情報を管理者画面(ダッシュボード)に表示する。このようなセキュリティー管理ソフトはIT分野ではさまざまな製品があるものの、「コネクテッドカーに特化した製品は、これしかない」(杉本氏)という。通常のIT向けのソフトでは、コネクテッドカー向けの仕組みを構築するのに大変な手間がかかるという。

車両-データセンター間の通信や、データセンター-スマートフォン間の通信を監視
[画像のクリックで拡大表示]

「Upstream」の管理者画面
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら