ロームは2018年4月10日、SiC(炭化ケイ素)パワー半導体に関する事業戦略説明会を開催した。2024年度(2025年3月期)までに累積で約600億円の設備投資を行い、SiCパワー半導体の生産能力を2016年度に比べて約16倍に高める。

SiCの増産計画
[画像のクリックで拡大表示]

 SiCパワー半導体の市場規模は、電気自動車(EV)へのSiCの採用動向によって予測値が大きく変動する。ロームが自動車メーカーからの要求などを基に予測した結果では、「2025年に23億ドルの市場規模になる」(同社専務取締役の東克己氏)という。同社は2025年に業界首位となる市場シェア30%の獲得を目指しており、そのためには今回のような生産能力の増強が必須とした。

SiC市場予測
[画像のクリックで拡大表示]

 その一環として同社はSiCパワー半導体の前工程工場として、ローム・アポロ(本社:福岡県)の筑後工場に6インチのSiC新棟を建設する。延べ床面積は1万1000m2で、2019年2月に着工し、2020年12月に竣工する予定である。生産能力は6インチで月間5000枚とする。製造装置は6インチと8インチの両方に対応させる。「国内に前工程の新棟を建設するのは12年ぶり」(東氏)とする。

SiC新棟を建設
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら