オートデスク(本社東京)は2018年4月5日、3D-CAD「Inventor 2019」など、製造業向けツールの新版を発表した。複数企業や遠隔地にいるメンバーが3Dの設計情報をクラウド上で共有する機能などを強化したほか、コマンドの操作体系を一部見直して使いやすさの向上を図ったり、大規模なアセンブリーを扱う際の待ち時間を短縮したりする改良を図った。3Dプリンター関連では、金属を肉盛りしていく指向性エネルギー堆積法(DMP:Direct Metal Deposition法)での造形用の制御データを生成する機能を設けた。

 クラウドでの情報共有を目的として、Inventor 2019には3Dモデルから表示用データを生成して、クラウドにアップロードする機能を加えた(図1)。アップロードされた情報は関係者がビューワー「Autodesk View」で表示でき、コメントを書き込んだりメッセージを付けたりできる。この機能は「AutoCAD」「Moldflow」「PowerMill」「Civil 3D」「Alias」などのオートデスクのツールに共通に実装する。

図1 ビューワー「Autodesk View」との連携
図1 ビューワー「Autodesk View」との連携
Inventorなどの3D設計データをクラウドで共有できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 直前のバージョンであるInventor 2018.2(2017年12月)では、クラウドのCAD「Fusion 360」との連携機能も強化した(図2)。もともとInventorには、ネットワークのさまざまな場所にある部品データなどを組み立ててアセンブリとして扱う機能があったが、部品データなどの場所をネットワークパスで記録していた。そのため、データの場所は社内LANなどに限られていたが、2018.2からはURLも扱えるようにした。これにより、Fusion 360のファイルをInventorから直接参照可能にした。

図2 クラウドのCAD「Fusion 360」(左)と「Autodesk Inventor」(右)の連携
図2 クラウドのCAD「Fusion 360」(左)と「Autodesk Inventor」(右)の連携
Inventorからクラウド上のデータを直接参照できるようにした。
[画像のクリックで拡大表示]

 これらのクラウド対応機能は「中規模以下の企業に3D-CADを使ってもらう点でも重要」(営業技術本部マネージャーの加藤久喜氏)と位置付けている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら