エムエスシーソフトウェア(本社東京)は、2018年3月に発売したCAEツール「MSC Apex Harris Hawk」(米MSC Software社)で強化した複合材モデリング機能などの詳細を明らかにした。炭素繊維などのプリプレグを何層か積み重ねるなどして形成する複合材を対象に、シミュレーションモデルを直観的な操作で作成できる。これまで、複合材のシミュレーション用モデルはユーザーにとって扱いが難しいという課題があり、その解決を図った。Harris HawkはApexの8番目のバージョンに当たる。

 新たに開発した機能では、複合材の層ごとに形状(2次元の輪郭)、材質、厚さ、角度(繊維の向き)を入力する。要は複合材の実体通りの情報を入力すればよいようにしてあり、場所によって層数が異なり厚かったり薄かったりする複合材についても、モデルを容易に作成できる(図1)。当たり前のようだが従来は「このような操作ができるツールはなかった」(エムエスシーソフトウェア営業本部プロダクトマネジメント部GUI担当シニアアプリケーションエンジニアの村上広高氏)という。

図1 「Apex Harris Hawk」での複合材のモデリングの画面
図1 「Apex Harris Hawk」での複合材のモデリングの画面
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら