「開発人材を増やすため」。NTTは3月13日、Javaアプリケーションフレームワーク「Macchinetta(マキネッタ)」をGitHub上で一般公開した。公開の狙いについて、取り組みのリーダーである夏川勝行ソフトウェアイノベーションセンタソフトウェア開発技術プロジェクトグループリーダ主幹研究員はこう語った。GitHubはクラウド型のソースコード共有サービスで、オープンソースソフトウエア(OSS)の公開でよく使われる。

MacchinettaのWebページ
(出所:GitHub Pages上のMacchinettaのページ)
[画像のクリックで拡大表示]

 IT人材の不足は深刻化し、人材の争奪が加熱している。NTTグループは自社のJavaアプリケーションフレームワークをオープンソース化して、他社も利用できるようにする。これを通じて、Macchinettaフレームワークを扱える開発人材のすそ野を広げる。将来的にMacchinettaフレームワークを扱える技術者が増えれば、NTTグループにとって開発人材の獲得が有利になると見込む。

 なお、NTTデータは「TERASOLUNA」ブランドで自社のアプリケーションフレームワークを持っている。両者の違いについて、NTTデータ広報は「TERASOLUNAフレームワークとMacchinettaフレームワークは基本的に同じもので、大きな違いはない。NTTデータではMacchinettaフレームワークをTERASOLUNAフレームワークとして提供している」と説明する。

 つまり、フレームワークを構成する技術要素や開発ガイドラインはMacchinettaフレームワークとTERASOLUNAフレームワークで共通。NTTデータがMacchinettaフレームワークに相当する技術を提供する場合にはTERASOLUNAブランドになる、という関係だ。

 Macchinettaフレームワークの公開はNTT持ち株会社による取り組みだが、「公開によってIT業界の技術者が広く活用できるようになり、システムの開発における技術者のすそ野の広がりにつながると考えている」(NTTデータ広報)とNTTデータも期待を抱く。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら