企業のPCで広く使われているOS「Windows 7」のサポート期間終了まで2年を切った。「企業が今の計画のまま進んでしまうと、かなりまずい状況になる」。調査会社IDC Japanの浅野浩寿シニアマーケットアナリストは日本企業の「Windows 10」移行が遅々として進まない現状に警鐘を鳴らす。

 2014年4月の「Windows XP」のサポート終了時は駆け込み需要が急拡大。出荷遅れで更新できないなどの混乱が生じ、その後のPC需要低迷が業界再編の呼び水ともなった。「XPショック」の再来を避けるには企業の早期からの取り組みが欠かせない。

2017年末で「10」は3割

 企業や自治体などで稼働するPCは全国で3400万台程度とみられている。IDC Japanは2017年9月時点における国内企業の「10」への移行計画を調査し、861の企業や組織から回答を得た。

 回答企業が保有するPCの台数と各社の移行計画を基に、企業内PCにおける「10」搭載機の台数比率を推定した。2017年末時点では29.5%にとどまり、7割以上が「10」より前のOSを搭載していた。

企業内PCの「Windows 10」搭載比率
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 米マイクロソフト(Microsoft)は2020年1月14日に「7」の延長サポートを終了する。サポート終了後はセキュリティ更新プログラムや有償サポートサービスを提供しないとする。

 サポート終了後に「7」を使い続ければ、新たに見つかった脆弱性を突く攻撃の被害に遭う可能性が高い。「7」後継の「Windows 8.1」は2023年1月10日までサポート期間があるが、「企業におけるWindows搭載PCのうち2017年9月時点の『8』および『8.1』の比率は約13%にとどまる」(IDC Japanの浅野氏)。約5割を占める「7」搭載PCを、サポート終了前に円滑に移行できるかが焦点となっている。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら