世間を騒がせたコインチェック流出事件から1カ月余。仮想通貨とその基盤であるブロックチェーン技術の活用へ、企業の熱気が衰える気配はない。国内EC(電子商取引)モール大手の楽天、会計大手のアーンスト・アンド・ヤング(Ernst & Young、以下EY)、システム構築大手のNECなどが、ブロックチェーンの新たな使い道を模索している。

 楽天の三木谷浩史会長兼社長が2018年2月27日(現地時間)、モバイル関連の展示会「MWC2018」の基調講演で「楽天コイン」構想を明らかにした。ポイントサービスをブロックチェーン上で運用し、国境を越えて流通できるようにするという。

 楽天は現在、日本の「楽天スーパーポイント」のほか米国、ドイツ、フランス、ブラジル、台湾でポイントサービスを提供している。このうち台湾のポイントを日本で使えるサービスはあるが、システムや法制度の違いから国境を越えたポイントサービスの運営は難度が高い。これらのポイントをブロックチェーン上で一元管理することで、国境の制約がないサービスを開発しやすくなる、というのが三木谷社長の狙いだろう。

 ただし、同じくブロックチェーンを使ったデジタルトークンである仮想通貨は、法定通貨と比べた価値が乱高下しやすい。仮に楽天コインを、ユーザー間でも相互に交換できるデジタルトークンとして設計する場合、トークンの価値を安定させる仕掛けが必要になる。

 価値が安定したデジタルトークンを流通させる試みとして、インフォテリアやテックビューロなどが参加するブロックチェーン推進協会(BCCC)が試験運用するトークン「Zen」がある。BCCCは2017年7月~11月にZenの発行と価値安定の実証実験を行った。

 BCCCはZenをテックビューロの仮想通貨交換所「Zaif」に上場させた上で、1Zen=1円の買い注文を常に入れることで、1Zenの価値が1円未満にならないようにした。これにより、法律上の位置づけを仮想通貨としつつ、1Zen≒1円の電子マネーとして使えるようにすることを狙う。実験では瞬間的にZenの価値が1万円近くに跳ね上がることもあったが、おおむね1Zen≒1円を実現できていたという。

 ただしZenのような価値安定の方法では、常にトークンの買い注文を入れるため、トークン発行分と同額の法定通貨を銀行口座で保全する必要がある。ICO(Intial Coin Offering)のような通貨発行益が得られず、発行企業にとってのうまみは少ない。加えて、ICOを含む自社発行トークンは会計上の扱いが明確とは言えず、導入に向けたハードルになりそうだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら