• 著者:磯達雄(著/文)、宮沢洋(著/イラスト)
    編者:日経アーキテクチュア
    定価:本体2,700円+税
    A4変型判、304ページ
    ISBN:978-4-296-10362-1
    発行元:日経BP
    発売日:2019年12月2日

内容紹介

「勝つ建築」に 今こそ学べ!

大阪万博、メタボリズム、巨大建築論争――。
時代の傑作55件の「今」をリポート。
未来を切り開く強い意志にあなたは何を思う?

名建築の現状を、イラストとうんちくルポで伝える「建築巡礼」シリーズの高度経済成長期編。大阪万博、沖縄海洋博への進化を検証します。

目次

■特別対談
「70年大阪万博を輝かせた建築家10人」
橋爪紳也 氏(建築史家)× 磯達雄 氏(建築ジャーナリスト)

■競争期:1965~1967年
津山文化センター、大阪府総合青少年野外活動センター、桂カトリック教会、大学セミナー・ハウス、新発田カトリック教会、カトリック宝塚教会、都城市民会館、海のギャラリー、国立京都国際会館、愛知県立芸術大学、長野県信濃美術館、山梨文化会館、古川市民会館、パレスサイド・ビルディング、百十四ビル、大分県立図書館、佐渡グランドホテル、寒河江市庁舎、岩手県営体育館、若人の広場、西宮市民会館

■拡張期:1968~1970年
坂出人工土地、箕面観光ホテル、萩市民館、霞が関ビルディング、東京国立博物館東洋館、金沢工業大学、イサム・ノグチ庭園美術館、栃木県議会棟庁舎、志摩観光ホテルクラシック、那覇市民会館、佐賀県立博物館、稲沢市庁舎、岩窟ホール、北海道開拓記念館、京都信用金庫、大阪万博鉄鋼館、太陽の塔、お祭り広場大屋根

■転換期:1971~1975年
希望が丘青年の城、栃木県立美術館、大同生命江坂ビル、中銀カプセルタワービル、瀬戸内海歴史民俗資料館、中野サンプラザ、ロイヤルホテル、宮崎県総合青少年センター・青島少年自然の家、迎賓館和風別館、最高裁判所、北九州市立中央図書館、群馬県立近代美術館、黒石ほるぷ子ども館、アクアポリス、小山敬三美術館