• 著者:伊本 貴士
    定価:本体2,700円+税
    A5判、464ページ
    ISBN:978-4-296-10284-6
    発行元:日経BP
    発行日:2019年6月10日

内容紹介

 本書は、これから人工知能(AI)を学びたいと考える人に向けたAIの入門書です。エンジニアではない人、すなわち中高生や文系学部の大学生、文系出身のビジネスパーソンや経営者などでも理解できるように、分かりやすくAIの本質や基礎知識を解説しました。AIのビジネスへの活用法からAIの最新技術までをカバーした、「最初に手にすべきAI本」です。

 著者は、日本経済新聞社や日経BPのセミナーでAIやIoTの講座を教える人気講師。フジテレビの「ホンマでっか!?TV」に評論家として出演もしています。語り口が初心者にも分かりやすいと定評のある著者が、必要最低限のポイントに絞り、できる限り専門用語を使わないように配慮しながら書き上げました。

 初心者でも人工知能の本質を短時間で理解できるようにするために、それぞれの状況や理解度に応じて学習できるように3部に分けて構成しています。

 第1部(第1章)は「基礎編」です。ここでは、今後、人工知能が中心となる社会で生きていくために必要最低限の知識についてまとめました。人工知能は何が得意で、何が不得意なのか、そして社会をどう変えていくのかについて解説しています。

 第2部(第2~4章)は「ビジネス編」です。ここでは、ビジネスに人工知能を活用するに当たり、各業界の活用事例や今後どのような使われ方をするのかについて書いています。 また、人工知能を活用する際の注意事項を中心に、プロジェクト推進方法や国などの支援状況についても解説しています。

 第3部は「技術編」です。ここでは、人工知能の仕組みについて解説しています。今後、データサイエンスや人工知能に関する知識は、エンジニアや人工知能のプロジェクトに関わる人にとっては必須の知識です。

 本書を読めば、AIに関する一般向けの本にありがちな曖昧すぎてよく分からない、なぜそこにAIを使う必要があるのか理解できないといった疑問を解消できると思います。

目次

第1章 【基礎編】人工知能(AI)の世界
第2章 【ビジネス編】産業別に見た人工知能事例と未来予想図
第3章 【ビジネス編】人工知能活用に関する国の施策
第4章 【ビジネス編】人工知能プロジェクトの進め方と注意点
第5章 【技術編】機械学習 ~これまでの人工知能と歴史~
第6章 【技術編】ディープラーニング ~現在の人工知能~
第7章 【技術編】人工知能開発と運用管理
第8章 【技術編】人工知能の最新技術 ~これからの人工知能~
第9章 人工知能開発に関するいろいろなFAQ



関連書籍
IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書
問題を解いて実力をチェック IoTの問題集