• 著者:辻 伸弘
    定価:本体1,800円+税
    A5判、192ページ
    ISBN:978-4-296-10282-2
    発行元:日経BP
    発行日:2019年5月27日

内容紹介

■セキュリティに関わることになったら最初に読んでほしい本
セキュリティを実現する方法はいろいろあります。
限られた予算や時間の中で、どれを選択したらよいかはいろいろ悩むことでしょう。
これは企業や組織に限った話ではなく、パソコンやスマートフォンの利用者である個人も対策を考える必要があります。

■攻撃者の手の内を知ればサイバー攻撃は怖くない
テレビや新聞のニュースで流れるサイバー攻撃は、どれでも怖そうに見えます。
どんな対策を取ったらよいか、自身で答えを見つけるのは困難に思えるでしょう。

しかし多種多様に見える攻撃でも、その中身を見れば似たものが多いことに気づきます。
攻撃をよく知れば、どの対策を選んだら効率的かがわかるのです。

本書は、サイバー攻撃の手口をていねいにやさしく解説し、正しい対策を紹介しています。
セキュリティで困っているあなたの答えがきっと見つかるでしょう。

【主な収録内容】
・佐川急便の不在通知を装った偽のショートメール
・JALなどを襲ったビジネスメール詐欺
・6つの大学で相次いだフィッシングからの情報漏洩
・外務省をかたったフィッシングメール
・北朝鮮の関与が疑われる標的型攻撃
・ランサムウエア感染からわずか4日で復旧した病院
・600万ドルを受け取ったランサムウエアSamSamの攻撃者
・プレミアム・アウトレットの漏洩データに含まれる謎の文字列
・セシールが受けた百発百中の不正アクセス

【対象読者】
●セキュリティ対策を考える人
●企業を統括する人
●サイバー攻撃が怖いので守ってほしいと思う人
●情報処理安全確保支援士など、IT試験を受ける人

目次

どうしてセキュリティで困るの
だましのテクニック
身代金を払っていいの
パスワードを覚えられない
DoS攻撃との付き合い方
インシデントに遭遇