• 著者:根津 禎
    定価:本体2,200円+税
    A5判、200ページ
    ISBN:978-4-296-10187-0
    発行元:日経BP社
    発売日:2019年5月1日

内容紹介

ウーバーも参戦する空のMaaS市場、巨大産業を支配するのは?


「空飛ぶクルマ」に乗って渋滞に巻き込まれずに目的地までひとっ飛び――。SF映画などで見られた光景が、当たり前になるかもしれない。「空飛ぶクルマ」とは、航空機と自動車が融合した新しいモビリティー(移動手段)だ。巨大市場に急成長する可能性を秘め、新興企業から大手企業までが主導権を握ろうと世界中で競争が激化している。

エアバスやボーイングなどの航空機メーカー、トヨタやダイムラーなどの自動車メーカー、シーメンスなどの部品メーカーがこぞって注目している。

さらに、配車サービス大手の米ウーバーは、空のライドシェア「uberAIR」を発表し、空飛ぶクルマの動きを世界でリードしている。

日本の産業界も参戦し、経済産業省は「空飛ぶクルマを日本の新産業に育てよう」と動いている。

空飛ぶクルマを巡る一連の動きをまとめた本書を通じて、巨大産業の産声を感じてほしい。

目次

【序 章】離陸する「空飛ぶクルマ」、先行する海外勢を日本が追う
【第1章】勃興する新市場「空飛ぶクルマ」
【第2章】電動化が変える航空機市場
【第3章】破壊的イノベーションに備える航空大手
【第4章】加速する電動化技術の革新
【第5章】電動航空機を日本の基幹産業に