• 著者:ソラコム
    定価:本体3,400円+税
    A5判、344ページ
    ISBN:978-4-296-10200-6
    発行元:日経BP社
    発行日:2019年3月25日

内容紹介

IoTエンジニア必読の1冊が遂に登場!
最強プラットフォーム「SORACOM」公式解説書


 IoTシステム開発の定番ともいえる「SORACOMプラットフォーム」。IoT向けデータ通信「SORACOM Air」、LAN接続サービス「SORACOM Gate」、データ収集・蓄積「SORACOM Harvest」、ダッシュボード作成・共有「SORACOM Lagoon」など、13ものサービスがそろっています。IoTシステムを構築するなら、SORACOMは外せません。

 SORACOMは多くの機能がAPIで提供され、その一つひとつはユーザーニーズに基づいています。豊富であるため「うまく使いこなすにはどうしたらいいのだろうか」と悩むことも珍しくありません。そうした悩みに応えてくれるのが本書です。

 本書を読めば、「なぜこのAPIがあるのか」「このAPIはどんなときに使えばいいのか」といったことがわかります。なぜなら、SORACOMに込めた「設計思想」が丁寧に解説されているからです。本書の著者はソラコムのエンジニアたちです。

 SORACOMサービスの解説のほか、IoTシステムのユースケースごとに、リファレンスアーキテクチャーも解説しています。SORACOM本としてはもちろん、IoT設計本としても十分に活用できます。

 満を持して登場したSORACOM公式解説書。IoTエンジニアは必読です!

目次

第1章 SORACOMグランドデザイン
第2章 詳説SORACOMプラットフォーム
第3章 ユースケース別リファレンスアーキテクチャー
第4章 IoTシステムの課題解決