• 著者:芝本 秀徳
    定価:本体2,400円+税
    A5判、336ページ
    ISBN:978-4-296-10048-4
    発行元:日経BP社
    発売日:2019年3月18日

内容紹介

未来のSEは、SEにあらず
6つのスキルで変身!

 日本のIT化を推進してきた「SE」にも、いつかは“冬の時代”がやって来る。現在の環境を冷静に分析すれば、それは遠い未来ではないかもしれない。ITが廃れるわけではない。「SE」というスタイルが廃れるということだ。

 本書の筆者は元ITエンジニアであり、今は戦略コンサルタントを務める。その筆者が現在のSE(ITエンジニア)に警鐘を鳴らすとともに、「SE(ITエンジニア)のスキルは応用が利く」とエールを送る。

 筆者が本書で訴えていることは、未来が求める「人材」への変身だ。そうした人材を筆者は「戦略型ITマネジャー」と呼んでいる。企業の経営層ときちんとビジネスの話ができ、それを実行に移すことができる人材である。現在のビジネスはITと切り離すことはできない。そういう点でも、SEにはアドバンテージがある。

 もちろん、戦略型ITマネジャーになれるのはSEだけではない。今ではビジネスパーソンにもプログラミングスキルが重要と叫ばれているが、本当に役立つのは「ソフトウエアエンジニアリング」である。これを見つければ、未来が求める人材に一歩近づく。

 本書は、未来が求める「戦略型ITマネジャー」になるには、どんなスキルが必要で、そのスキルを身につけるにはどうすればいいかを解説している。

目次

第1章 戦略型ITマネジャーのマインドセットとスキルセット
第2章 事業戦略スキル
第3章 戦略数字スキル
第4章 戦略実行スキル
第5章 ソフトウエア工学スキル
第6章 変革管理スキル
第7章 自己更新スキル