ドメイン名をIPアドレスに変換するDNS(Domain Name System)サービス「Amazon Route 53」について解説します。Route 53は、全ドメイン名の情報を持つ「権威DNS」です。53という数字は、DNSサーバーが53番ポートで動作することに由来します。

 Route 53はマネージドサービスであり、AWSが冗長化、性能、セキュリティなどを管理します。可用性のSLAは100%です。

 多様なルーティングが可能なのも特徴の一つです。ここでは「加重ラウンドロビン」「Latency Based Routing(LBR)」「位置情報ルーティング」の三つを紹介します。

 加重ラウンドロビンは、クライアントからの同一内容のDNSクエリーに対して返す情報を、重み付けして切り替える機能です。例えば元のWebサーバーと変更したWebサーバーがある場合、後者にトラフィックの5%だけを流してA/Bテストを行うことができます。

 Latency Based Routing(LBR)は、EC2インスタンス、Elastic IPアドレス、Elastic Load Balancing(ELB)などのAWSエンドポイントごとの応答時間を常に把握し、ユーザーからのリクエストを動的に最速のエンドポイントにルーティングします。世界中にユーザーがいる場合に有用です。

 位置情報ルーティングは、ユーザーの場所(DNSクエリーの送信元の場所)に基づいて、トラフィックを流す先のリソースを切り替える機能です。例えば日本国外のユーザーからのリクエストは英語のコンテンツを提供するWebサーバーに流す、という具合です。コンテンツを提供する国の制限にも利用できます。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECH ラーニング/日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら