この講座では、UML(Unified Modeling Language)を使ったオブジェクト指向設計の手法を学習します。UMLは、システムの分析結果と設計結果を図示するための表記法のグローバルスタンダードです。UMLを使いこなせることは、プログラマーに限らず、コンピューターにかかわるすべてのエンジニアにとって不可欠な技能と言えます。