エンジニアのための学習サイト「日経 xTECH ラーニング」。仕事に役立つ知識やノウハウを講座としてお届けするほか、エンジニアが押さえておきたいニュースや時事トピックをクイズ形式でご紹介します。

 今回は、日経 xTECHに2019年10月第1週に掲載したIT関連ニュースの中から出題します。全部で3問、あなたは何問解けますか?

【問題1】Windows 7の法人向け延長サポート、いつまで提供される?

 米マイクロソフトは2019年10月1日(現地時間)、Windows 7のサポートに関する方針転換を発表しました。有料の延長サポートの対象を広げ、法人の利用が多いWindows 7 Professional/Enterpriseの全ユーザーに対して提供すると表明しました。

 この延長サポートの提供期限は、次のうちどれでしょう。

  • (1)2021年1月まで
  • (2)2022年1月まで
  • (3)2023年1月まで
  • (4)2024年1月まで

 正解は(3)2023年1月までです。

 Windows 7のサポートは2020年1月14日に終了します。それ以降は不具合やセキュリティー脆弱性に対応するための更新プログラム(パッチ)を提供しないのが原則です。

 従来はWindows 7のボリュームライセンスを契約している大企業に限って、2023年1月まで有料で延長セキュリティーアップデート(ESU)を提供する方針でした。この方針を転換し、ボリュームライセンス契約の有無にかかわらず、Windows 7 Professional/EnterpriseのユーザーはESUを購入できるようにします。

 関連記事は、次の通りです。

 次の問題です。

【問題2】システム障害で全レースが中止になった公営競技は?

 2019年10月3~4日、ある公営競技のレースがシステム障害によって中止になりました。2日連続で全レースが中止になるのは異例です。

 この公営競技とは、次のうちどれでしょう。

  • (1)オートレース
  • (2)ボートレース
  • (3)競馬
  • (4)競輪

 正解は(4)競輪です。

 競輪とオートレースを統括する公益財団法人JKAは、システム障害によって、松戸や西武園、伊東、豊橋、小倉、別府の6競輪場で3日に開催予定だった全レースを取りやめました。4日に予定していた松戸、伊東、函館、富山、玉野、武雄の6競輪場のレースの中止も決めました。

 顧客が車券を購入する投票系システムと情報系システムのデータのやりとりに何らかの不具合が起きたことが原因とみられます。

 関連記事は、次の通りです。

 次の問題です。

【問題3】キャッシュレス・ポイント還元事業、開始時の対象店舗数は?

 2019年10月1日、消費税が増税されました。同時に、キャッシュレス・ポイント還元事業が始まりました。

 経済産業省によれば、10月1日時点での同事業の対象店舗数は次のうちどれでしょう。

  • (1)約5万店
  • (2)約10万店
  • (3)約50万店
  • (4)約100万店

 正解は(3)約50万店です。

 登録途中を含めると9月26日時点で約73万店の申請が届いており、提出書類などに不備がなければ10月21日に登録が完了して還元事業に参加できる予定といいます。

 対象となる小売業やサービス業の中小事業者は約200万あるとされています。まずは4店に1店ほどの参加率でスタートした格好です。

 関連記事は、次の通りです。

 クイズは以上で終わりです。またお会いしましょう!