「情報システム部門のリソースが足りない」――。これは多くの企業に共通する課題といえるだろう。様々な業務システムの検討・導入はもちろん、その後の運用やセキュリティ対策の実施、さらには数年ごとのシステム更改まで、情シス部門の仕事は多岐にわたる。次々寄せられる経営層や現場からの要望も、人手不足を理由に後回しにせざるを得ない。この状況に苦慮する情シス担当者は少なくないはずだ。

 だが、デジタルトランスフォーメーション(DX)があらゆる企業の重要ミッションになった現在、情シス部門のリソース不足はビジネスの明日を左右する大問題となる。今、情シス部門が考えるべきは、自部門の業務プロセスに潜む「非効率」や「過剰な負担」を最小化し、限られたリソースで“攻守”を両立できる、筋肉質な組織に変貌することだ。

 実際、最新のソリューションを活用すれば、情シス部門の業務負荷はまだまだ削減できる。その一例がクレオのITサービス管理ツール「SmartStageサービスデスク」である。

 今回は、同ソリューションの特長やユーザー事例の紹介を通じ、その効果のほどを検証する。