デジタルトランスフォーメーションが浸透するなか、ビジネス環境や顧客ニーズは日々変化し、その変化のスピードそのものが、経営にも影響を及ぼしている。このめまぐるしい変化に対応するには、ITシステムの活用そのものを経営基盤の中核とし、「ITでビジネスを拡大する」「ITで競合優位性を確立する」というビジョンと、そこに向けた日々の改善が必要となる。

 ビジネスの変化がさらに早くなると、従来のプロセスでは効率的な改善が見込めない。仮説を立て、新しい発想に対して試行錯誤を繰り返す改善プロセスの中でのみ、イノベーションは生まれる。その改善プロセスそのものを経営基盤に反映できるかは、それを動かすITシステムにも大きく依存し、その改善プロセスをITシステムに反映できた企業こそが、デジタルトランスフォーメーションの波に乗れるといっても過言ではない。

 アプリケーションの可搬性を高め、ベンダーロックインを緩和し、環境に依存しない開発体験と運用体験を実現する上で、オープンソースソフトウエア(OSS)は、その自由度や柔軟性が大きなアドバンテージとなる。OSSの活用により、全く新しいビジネス価値を生むための秘訣を探っていこう。