「クラウドを導入したのに、期待したほどの効果を得られていない」「クラウド導入は決めたが、実装に問題がある」――。既に企業の基盤整備の常識となった感があるクラウド活用だが、パフォーマンス不足やセキュリティへの不安、運用負荷の増大といった課題に直面している企業は多い。

 その解決策となるのが、パブリックとプライベートのクラウドやオンプレミス、さらには既存の資産などを適材適所に配置できるコンポーザブル(組み立て可能)なインフラである。システムの物理/仮想環境を意識せずに、従来型(レガシー)/最新型(クラウドネイティブ)のアプリケーションを自由に組み合わせて、自社だけの最適なビジネス基盤を作り上げられる。

 攻めの経営によってビジネスを変革する企業は、そのシステム基盤固めにも手を抜いてはいけない。そのために必要な要素を解説する。