閉じる

ピックアップ

特集

一覧を見る

新着

一覧を見る

ニュース解説

  • 後出しジャンケンの成否、ソフトバンクがシェア事業猛進

     ソフトバンクがシェアリングビジネスの事業展開を相次いで表明している。駐車場のシェアリングサービス「BLUU Smart Parking」は8月20日頃から東京近郊で試験サービスを始め、10月下旬には本サービスへ移行する。タクシー配車サービス「滴滴出行(Didi Chuxing)」は2018年秋に大…

  • 1500カ所の充電拠点を整備、2輪車メーカーが電池「交換式」に本格参入

    車載電池を「交換式」にした電動2輪車(EVバイク)の競争が激しくなってきた。震源地は台湾だ。新興企業の台湾ゴゴロ(Gogoro)が先行する同市場。2018年8月には、2輪車大手の台湾キムコ(Kwang Yamg Motor Co、以下、KYMCO)が本格的に参入する。台湾のガソリン2輪車市場で19年…

一覧を見る

オピニオン

  • テクノ大喜利

    金融部門持つソニーは継続的な半導体ビジネスができる希有な日本企業

     ソニーが打ち出した半導体、特にCMOSイメージセンサーへの巨額投資計画について、その意義やリスク、競合他社さらには過去の同社の投資戦略の違いなどを議論している今回のテクノ大喜利。5番目の回答者は、慶應義塾大学の田口眞男氏である。半導体メーカーの経営者だった経験を持つ同氏は、そもそもなぜ日本の半導体…

  • 編集長の眼

    FinTechの未来に一抹の不安を抱く理由

     世の中に存在する様々な摩擦を減らすことは、人々の利便性を大いに高める。だが、摩擦の存在は逆に世の中に秩序をもたらす。FinTechがこのまま進んだ先にある金融の未来は、はたして本当に明るいのだろうか。

一覧を見る

基礎講座

  • できるリーダーになるための「仕事の道具箱」

    常に100点満点を目指すのは間違い

     いつもあらゆる選択肢を考えて最善策を目指す。ちょっとした間違いでも、直さずにはいられない。自分の短所や悪いところを直そうと常に努力している。自分の意見を曲げずに周りと衝突することがある。他人の欠点やいい加減さがよく目に付く──。

  • 大久保孝俊のモチベーション学

    もし新入社員が言いつけを守れなかったら

     「一度言ったことは、忘れてもらっちゃ困るな!」「何度言えば、守れるんだ!」――。あなたの言いつけを守らない新入社員に対し、あなたの脳は怒りの感情にハイジャックされ、後悔しそうな言葉を発してしまう。このような感情の爆発を未然に防ぐためには、「忘却」についての人間の本質を理解することが必要になります。

一覧を見る

イベントレポート

一覧を見る

インタビュー

一覧を見る

事例

一覧を見る

ホワイトペーパー

一覧を見る

建築・土木製品ガイド

建築・住宅製品ガイド一覧

土木製品ガイド一覧

プレスリリース

一覧を見る

専門誌最新号

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る