閉じる

土木

ピックアップ

  • 「空飛ぶ建機」、ドローンの実力

    川底の地形もレーザーでお見通し

     建設分野で急速に存在感を増してきたレーザードローン。国土交通省も普及を後押しする。特に熱心なのが水管理・国土保全局だ。2017年初めに、「陸上・水中レーザードローン」の開発をぶち上げた。

  • 建築ロボで生産革命 動画図鑑

    ロボットのしもべは、もうごめん

     清水建設は4月23日、同社技術研究所内に開設した「ロボット実験棟」を報道陣に公開した。技能労働者の不足や高齢化が深刻さを増すなか、同社に限らず大手建設会社各社は現場の生産性を一気に高める切り札としてロボット開発に注力している。かつての反省を生かした「真の生産性革命」の実現に向けて、戦力となるのは技…

  • 重大事故・トラブルの教訓

    このままではメーカーは疲弊する、トヨタのリコール・杭工事偽装

     ものづくり、建設、ITの各業界において世間を大きく騒がせた大事故やトラブルを受け、企業の取り組みや制度・ルールはいかに変わったのか。過去の事故・トラブルは今、どのような形で生かされているのか。世間を騒がせた重大な事故・トラブルの教訓とは――。専門記者が徹底的に掘り下げるとともに未来を展望する。第4…

  • アラップ・トータルデザインの舞台ウラ

    AIでビル風を瞬時に予測、設計の自動化はどこまで進む?

    最近、毎日のように耳にする、AI(人工知能)・機械学習。実際に、どこまで進んでいるのか?建築設計に応用できるのか?この進歩によって、建築設計者は将来不要となるのか?アラップでは、社内で専門教育プログラムを提供し、業務の傍ら個々の課題を調査する機会を設けている。そこで学び得たAIに関する現状と可能性を…

  • ニュース解説:建築・住宅

    2022年度に「ジブリパーク」が開業

    スタジオジブリのアニメ映画の世界を体験できる「ジブリパーク」が2022年度に愛知県長久手市に開業する。05年の愛知万博で映画「となりのトトロ」に描かれたサツキとメイの家を展示した愛・地球博記念公園がその舞台となる。

  • 製品ガイド:土木

    コンパクトボディーに無段伸縮スクリード搭載

     住友建機は、オフロード法2014年基準に適合したホイール式アスファルトフィニッシャー「HB2345W-5D」を発売した。

  • 2018年版 技術士第二次試験 建設部門 合格指南

    建設環境

     建設環境には、騒音や振動などの生活環境と生態系などを対象とした自然環境の大きく二つの分野があり、さらにそれぞれ計画と施工に分かれます。

  • 2018年版 技術士第二次試験 建設部門 合格指南

    施工計画

     施工計画は品質や工程、安全、原価、計測など施工全般に関わる管理を中心に、事前の調査・計画や入札・契約、防災・減災、環境関連の分野からも出題されます。

  • 2018年版 技術士第二次試験 建設部門 合格指南

    トンネル

     トンネルには大きく分けると山岳、シールド、開削の三つの分野があります。

  • 2018年版 技術士第二次試験 建設部門 合格指南

    鉄道

     鉄道には大きく分けると計画、設計、施工、維持管理の四つの分野があります。

  • 2018年版 技術士第二次試験 建設部門 合格指南

    道路

     道路には大きく分けると計画、設計、施工、舗装の4分野があります。

  • 東京大改造

    「幕張新駅」建設へ、改札口はイオン側のみ

     千葉市とJR東日本は4月20日、幕張地区への京葉線新駅の設置を決定し、駅舎の概略設計を今年度内にまとめると発表した。駅舎が面する南側と線路を挟んだ北側とを結ぶ自由通路の整備は棚上げする。

  • 許されなくなったコンクリひび割れ、時代は変わった

    ひび割れはもう許されないのか?

     ひび割れが許される範囲は、基準で示されている。その内容を把握したうえで、微細なヘアクラックへの対処法を各住宅会社は決めていく必要がある。

  • より抜き!プレモダン建築巡礼

    戦後建築史の「レッテル貼り」にもの申す!

     日経アーキテクチュアの人気連載をベースにした書籍「プレモダン建築巡礼」が2018年4月23日に発売されました。同書の中からいくつかの記事をより抜いてご覧いただきます。今回は井上章一氏(国際日本文化研究センター教授)と磯達雄氏(建築ライター)による対談「その2」です。

  • 重大事故・トラブルの教訓

    問われる技術者の矜持、ベネッセ情報漏洩とタカタ・エアバッグ破裂を検証

     世間を大きく騒がせた大事故やトラブルを受け、企業の取り組みや制度・ルールはいかに変わったのか。今回(第3回)も、前回までに引き続き「性善説か性悪説か」がテーマである。IT技術者が引き起こしたベネッセコーポレーションの情報漏洩などをもとに、時代の変遷とともに品質に対する姿勢や技術者の誇りがどう変化し…

  • ニュース解説

    アクティオ、没入感の高い5K映像の安全教育VRを開発

    建機レンタル大手のアクティオは2018年4月20日、建設現場における安全教育用VR(仮想現実感)システム「Safety Training System VR of AKTIO」を発表した。高所作業などを疑似体験して、どこに危険が潜んでいるかを学ぶためのシステム。台湾StarVR社が開発したVRヘッド…

  • ニュース解説:土木

    安全性確認せず無断で施工計画変更、新名神死亡事故

     新名神高速道路の建設現場で2016年4月以降、5件目の死亡事故となった淀川橋の作業員転落は、施工者が安全性を確認せず、発注者に無断で施工方法を変更したことが原因だったことが分かった。

  • 東京大改造

    リニア大深度初弾は熊谷JV、疑惑の大手4社の参加は不明

     JR東海は、大深度地下に建設するリニア中央新幹線のシールドトンネルで初弾となる北品川工区の施工者を熊谷組・大豊建設・徳倉建設JVに決定した。この工区は品川駅から延長9.2kmの区間で、土かぶりは最大約90m。

  • 「空飛ぶ建機」、ドローンの実力

    熊本地震の被害が「瞬時に」「一目で」分かった!

     建設現場にドローン(小型無人機)が登場して数年がたつ。当初は空撮や写真測量での利用が中心だったが、最近は活躍の場面が急速に広がってきた。2016年に発生した熊本地震後の災害調査で本格デビューを飾ったのが、樹木に覆われた地形を計測できる「レーザードローン」だ。

一覧を見る

おすすめ記事

  • 工事写真をOneDriveやGoogleドライブで管理

     ういんたーそふとは、OneDriveやGoogleドライブなどのオンラインストレージサービスを利用して工事写真を管理するWindows用アプリ「マイ工事写真(マイコ)」を発売した。

  • 維持管理事業への交付金拡充を

     自治体で技術系職員として働いている。私が所属している自治体は財政状況が厳しいうえ、全体の歳出に占める社会保障関係費の比率も高まっている。その影響を受けて、土木関係の予算は年々縮小される傾向にある。一方で、自治体が所管する橋梁や道路などのインフラは老朽化が進み、維持管理に必要な費用が増えつつある。

  • 熊本地震の被害が「瞬時に」「一目で」分かった!

     建設現場にドローン(小型無人機)が登場して数年がたつ。当初は空撮や写真測量での利用が中心だったが、最近は活躍の場面が急速に広がってきた。2016年に発生した熊本地震後の災害調査で本格デビューを飾ったのが、樹木に覆われた地形を計測できる「レーザードローン」だ。

  • 水深わずか10cm程度でも発電が可能に

     鉄建建設は、NewAct(東京都豊島区)、あき電器(東京都調布市)、久力製作所(茨城県行方市)と共同で、小さな農業用水路やトンネル湧水を排出する中央排水溝など、水量の少ない場所に適した小水力発電装置を開発した。現在は茨城県石岡市の農業用水路で試験運転を実施している。

  • 英国2位の巨大建設会社破綻から学ぶ3つの教訓

    英国の巨大建設会社カリリオンが、2018年1月に突然、経営破綻した。サトウファシリティーズコンサルタンツの佐藤隆良代表が、日本の建設業界にとっての教訓を語った。

  • 「プレモダン」の建築家はこの10人

    日経アーキテクチュアの人気連載をベースにした書籍「プレモダン建築巡礼」が本日(2018年4月23日)発売されます。同書の中からいくつかの記事をより抜いてご覧いただきます。まずは、井上章一氏(国際日本文化研究センター教授)と磯達雄氏(建築ライター)による爆笑対談をどうぞ。

  • 福岡空港のコンクリ舗装で施工不良、NIPPOを指名停止

     国土交通省九州地方整備局は4月18日、福岡空港の2件の舗装工事でコンクリート舗装版の連結用鉄筋が所定の位置に設置されていなかったとして、施工したNIPPOを2カ月半の指名停止にしたと発表した。

  • 品質情報の開示を迫られる生コン工場

     施工するコンクリートの品質を高めるために、生コン工場に骨材の品質を確認する取り組みが始まりつつある。住宅会社でもコンクリート品質を高めたければ知っておきたい取り組みだ。

製品ガイド

一覧を見る

連載・特集

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る