閉じる

土木

ピックアップ

  • 2018年大阪府北部地震

    水道管破裂で大量漏水も短時間で復旧、断水は続く

     6月18日朝に大阪府北部で起こった地震で震度6弱を記録した大阪府高槻市内では、水道管が破損して陥没した道路から水があふれ出し、辺り一面が浸水する被害があった。同日午後6時の時点で復旧工事に着手しており、陥没した穴の埋め戻しは完了している。

  • 2018年大阪府北部地震

    大阪北部で震度6弱、長周期地震動階級2を観測

     6月18日午前7時58分、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生した。鉄道や高速道路は軒並み運休・通行止めが続いており、被害状況の確認が進んでいる。大阪府北部と兵庫県南東部、奈良県では、長周期地震動階級2を観測した。気象庁は今後1週間程度の間に大きな余震が起こる可能性があるとして、注意を呼…

  • 2018年大阪府北部地震

    0.5秒以下の短周期成分が卓越

     大阪府北部で6月18日午前7時58分に発生した最大震度6弱の地震動の観測データを、防災科学技術研究所(防災科研)が公開した。K-NET高槻の揺れが最も大きく、最大加速度は806ガル(3成分合成値)を記録した。速度・加速度応答スペクトルを見ると、0.5秒以下の短周期成分が卓越している。

  • 2018年大阪府北部地震

    茨木市内の寺院の山門が相次いで倒壊

     6月18日朝の地震で震度6弱を観測した大阪府茨木市内にある寺院の山門が、相次いで倒壊した。同市宮元町にある浄教寺では、敷地の東側に立つ「薬医門」が倒れた。

  • ニュース解説:土木

    農政局入札不正で談合認定できず、フジタにだけ排除措置命令

     農林水産省東北農政局が仙台市内で発注した東日本大震災の農地復旧工事を巡り、公正取引委員会は6月14日、同局OBを通じて入札情報を不正に入手して工事を受注したフジタに対し、独占禁止法違反(取引妨害)を認定、再発防止に向けた排除措置命令を出した。

  • ニュース

    リケジョ育てる女子高と創造力磨く幼稚園、坂村健氏や森本千絵氏ら3氏が参加

     横浜市にある学校法人 高木学園は2018年6月16日、2019年4月に理数系の女子高生を育てる学部を新設するとともに、幼少期から子供の創造力を養う附属幼稚園の新園舎を公開した。森本千絵氏と隈研吾氏、坂村健氏らが関わった。

  • ねっとわーく 読者から

    外国人にも魅力ある労働環境に

     個人的に興味があり、外国人労働者の問題について研究していたことがある。そんな私が危機感を抱いているのが、日本人の多くがいまだに「日本は賃金水準が高い豊かな国だ」と思い込み、在留資格さえ与えれば外国人がいくらでも働きに来てくれると思っていることだ。建設業の関係者にも、そう思っている人が少なからずいる…

  • 製品ガイド:土木

    着慣れた作業服に後付けして半日送風

     TJMデザインは、熱中症対策としてどんな作業服にもベルトで後付け装着できる服内送風ファン「風雅ボディ2」を発売した。

  • 技術士択一式100問2018

    3.7 建設産業

     問題66 我が国の建設投資に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  • 技術士択一式100問2018

    3.8 入札・契約

     問題75 公共工事の品質確保のための施策に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  • 技術士択一式100問2018

    3.9 技術

     問題83 ICTの活用に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  • ズームアップ

    リベンジ成功、反省生かして巨大橋桁を再架設

     重さ1300tある橋桁を多軸台車に載せて一括架設しようとしたものの、道路脇の1本の支柱に阻まれて引き返す“トラブル”があったのは2018年5月中旬のこと。施工者は6月2日夜から翌3日にかけて、再び一括架設に挑んだ。2度目の失敗は許されない。支柱の移設はもちろん、1回目の反省を踏まえて橋桁をリフトア…

  • ニュース解説:土木

    鋼橋にぶら下がってさびを“狙い撃ち”、工費8割減

     首都高速道路会社など5社は、鋼橋の局所的な腐食を吊り足場を使わずに塗り替える「スポットリフレ工法」を共同で開発した。腐食の除去に必要な防護設備に段ボールを使うなどして、工期やコストを従来工法よりも8割減らす。

  • ニュース解説:土木

    南海トラフ地震で長期損失1240兆円、20年間の影響試算

     土木学会の試算で、南海トラフ地震が発生した後の経済損失が20年間の累計で少なくとも1240兆円に及ぶことが分かった。直接的な被害額を算出した従来の推計と異なり、生産や所得などが減少する間接的な経済損失を中長期にわたる視点で推計した。

  • ニュース解説:建築・住宅

    大規模重層長屋の規制を強化、都が条例改正へ

     特に都市部の住宅密集地で、旗ざお敷地に建つ大規模な長屋が問題視されてきた。長細い通路の奥に多数の居住者がいるため、火災などで避難や救助をする際に困難が生じると懸念されている。東京都は規制を強化するため、安全条例の見直し案を作成し、パブリックコメントを募集している。

一覧を見る

おすすめ記事

  • いよいよ開通!外環千葉、密集地貫く半地下構造

     外環道の千葉区間が、計画から半世紀を経ていよいよ開通する。三郷南IC―高谷JCT間の延長15.5kmが6月2日午後4時に開通。これと並走する国道298号も同日に供用を始める。

  • 1300tの巨大橋桁、1本の支柱に阻まれ架設中断

     「まもなく橋が架設位置に到着!橋をおろして固定します」。5月12日から13日にかけて東京臨海部の道路を封鎖し、重さ1300tもある巨大な鋼箱桁を大型多軸台車で一括架設する夜間工事。発注者である東京都港湾局はツイッターで工事の進捗を逐一、発信していた。様相が一変したのは、その直後だ。

  • 日本橋の首都高地下化ルート決定、八重洲線のトンネル活用

     国指定重要文化財の「日本橋」(東京都中央区)の上空をまたぐ首都高速道路の地下化ルートが決まった。既存の首都高八重洲線を500mほど活用して、新たにトンネルを建設する区間を1.2kmに抑えた。2020年の東京五輪後に着工する予定だ。

  • 水陸2台のクレーン使い一夜で桁架設、動画で紹介

     首都高速道路会社が2019年度の完成を目指す小松川ジャンクション(JCT)の工事で、中川の左岸堤防をまたぐ支間長86mの桁を一夜で架設、閉合した。堤防上では橋脚の新設どころか、既設橋脚の補強も難しい。架設の一部始終を動画で紹介する。

  • 臨港道路陥没でトレーラー落ちる、護岸から土砂流出か

     新潟県聖籠町の新潟東港で5月16日、臨港道路が陥没してトレーラーの荷台が落ちる事故が発生した。車両や積み荷の一部が破損したが、運転手にけがはなかった。護岸からの土砂流出で、路面下に空洞が生じていたとみられる。

  • 沖縄モノレール延伸部の開業延期、人手不足で入札不調

     沖縄県内を走るモノレール「ゆいレール」の浦添市への延伸事業に遅れが生じ、2019年春に予定していた開業時期が同年夏に延期されることになった。用地取得の遅れのほか、県内の人手不足を要因とする入札不調が多発したことなどが響いた。

  • 最初で最後のイベント、開通直前の外環を味わい尽くす

     2018年6月2日にいよいよ開通する東京外環自動車道(外環道)の千葉区間。開通を祝って5月中旬に催された様々なイベントに朝から晩まで密着した。

  • 京葉道で全幅変えず車線追加、法令の「特例の特例」

     東日本高速道路会社は、京葉道路の船橋IC―武石IC間で、全体の道幅を変えず上り線側に車線を1本追加する。道路構造令の「特例の特例」を使い、中央分離帯と路肩の幅を縮小して追加車線のスペースを捻出する。

製品ガイド

一覧を見る

連載・特集

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る