閉じる

建築・住宅

ピックアップ

  • ブラックなんて言わせない!本気の建築界仕事革命

    「旧態依然はIT業界にも責任」、建設現場のここを攻めろ

     建設業界に新ビジネスの芽を見いだすベンチャー企業が増えている。ITを武器に建設業界に参入したベンチャー企業4社のトップによる座談会の後編。縮小が危惧されるこの業界の伸びしろについて語り合ってもらった。

  • 製品ガイド:建築・住宅

    深彫り調のエンボス加工を施した不燃壁材

     大建工業は、基材に深彫り調エンボス加工を施して、深い陰影とリアルな素材感を実現した壁材「GRAVIO EDGE(グラビオ エッジ)」を2018年6月21日に発売する。

  • ズームアップ

    リベンジ成功、反省生かして巨大橋桁を再架設

     重さ1300tある橋桁を多軸台車に載せて一括架設しようとしたものの、道路脇の1本の支柱に阻まれて引き返す“トラブル”があったのは2018年5月中旬のこと。施工者は6月2日夜から翌3日にかけて、再び一括架設に挑んだ。2度目の失敗は許されない。支柱の移設はもちろん、1回目の反省を踏まえて橋桁をリフトア…

  • ニュース解説:建築・住宅

    “プラモデル”木造軸組み、大工仕事は工場で

     木材のプレカットから、パネル化、サッシや断熱材の取り付け、防水紙の施工まで一括して工場で製造。さらに、現場にパネルを運搬してクレーンで吊り上げて組み立てる。中間検査が受けられる状態にするまであっと言う間だ。そんな一連の作業を一括で担う受託製造サービスを、ウッドステーションが6月1日から本格的に開始…

  • 家ブロガーのホンネ

    3分の1は住宅会社に内緒でブログ開設

     家ブログを始めた理由として最も多いのは「家ができる過程を記録したかったから」。そんな素朴取り組みだが、住宅会社には内緒にしている建て主は3割程度存在する。

  • ニュース解説:建築・住宅

    大規模重層長屋の規制を強化、都が条例改正へ

     特に都市部の住宅密集地で、旗ざお敷地に建つ大規模な長屋が問題視されてきた。長細い通路の奥に多数の居住者がいるため、火災などで避難や救助をする際に困難が生じると懸念されている。東京都は規制を強化するため、安全条例の見直し案を作成し、パブリックコメントを募集している。

  • 製品ガイド:建築・住宅

    コーヒーかすをリサイクルした自然素材の内装材パネル

     トーザイクリエイトは、コーヒーかすをリサイクルした左官仕上げの乾式パネル「マグ・アートパネル/コーヒー」を2018年5月28日に発売した。

  • 家ブロガーのホンネ

    楽しい家ブログが“戦場”に、暗転の理由

     楽しい思い出づくりのためのブログが、もめ事を記す“戦場”に豹変する。背景には、住宅会社と建て主の間のコミュニケーション不足が垣間見える。

  • 非破壊戦隊コワサンジャーが行く!

    “笹子”から5年、電磁パルスが実用化へ第一歩

     非破壊検査の技術開発が一段と加速したきっかけの1つが、2012年12月に起こった中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故だ。あと施工アンカーボルトが抜け落ち、吊り下げていた天井板が100m以上にわたり落下し、9人の犠牲者を出した。

  • パナソニック 101年目の挑戦

    AI人材1000人を目指すパナ、クロスアポイントメント制度で招いた男

     パナソニックはAIの技術アドバイザーを大学から迎え入れた。立命館大学の谷口忠大教授である。谷口氏は現役の先生だが、同時にビジネスイノベーション本部の客員総括主幹技師に就任。産学の人材交流を促す「クロスアポイントメント制度」を日本で初採用した。

  • 動画でチェック!雨漏りを防げ

    こんな片流れ屋根は危ない!(クイズ編)

     見てすぐ分かるDVD講座「実践 雨漏りを防ぐ 軒ゼロ全盛時代を生き抜くノウハウ」の発行記念として、同DVDに収録したコンテンツの一部を特別に紹介する。今回は防水施工が困難な屋根形状をクイズ形式で示す。

  • 動画でチェック!雨漏りを防げ

    こんな片流れ屋根は危ない!(解答編)

     見てすぐ分かるDVD講座「実践 雨漏りを防ぐ 軒ゼロ全盛時代を生き抜くノウハウ」の発行記念として、同DVDに収録したコンテンツの一部を特別に紹介する。防水施工が困難な屋根形状を扱った前回のクイズ編の解答を動画で示す。

  • ニュース解説:建築・住宅

    介護現場のロボを住宅施工に応用、積水ハウス

     積水ハウスが、石こうボードを天井施工するロボットを2020年にも実用化する方針を示した。AI(人工知能)を搭載した2台のロボットが連携し、人と協調しながら作業する。ロボットに任せる工程を上向きでビス留めする反復作業に絞り、職人はボードを切断してロボットに受け渡す。

一覧を見る

おすすめ記事

  • 建築士試験を見直せ、設計3団体が共同提案

    日本建築士会連合会、日本建築士事務所協会連合会、日本建築家協会(JIA)の建築設計3団体が6月5日、自民党建築設計議員連盟に「建築士資格制度の改善に関する共同提案」を提出した。実務経験要件などを見直して間口を広げる考えで、早期の改正を目指す。

  • 羽田空港跡地で鹿島などが12万m2超の複合施設開発

     2020年に向けて羽田空港周辺エリアの整備が加速する。鹿島など9社が出資する特別目的会社が、羽田空港跡地第1ゾーン整備事業の第1期分に着手。約5.9ヘクタールの敷地に研究開発施設や日本文化体験施設などを備えた複合施設を整備する。

  • 室内機洗浄があだとなり火災に

     エアコンの機能低下を防ぐために実施する室内機内の洗浄が、火災リスクを招く――。そうした皮肉な出来事も散見されている。トラブルを防ぐための対策を講じている製品でも火災リスクは残るので、注意が必要だ。

  • 「同業者との飲み会禁止」、大林組の談合撲滅策の本気度

     リニア中央新幹線の建設工事を巡る談合事件を受けて、大林組がまとめた再発防止策が建設業界で波紋を広げている。日経アーキテクチュアは、東京地検特捜部に起訴された大林組と清水建設、鹿島、大成建設の大手建設会社4社に対し、今後のコンプライアンス(法令順守)対策について聞いた。

  • 電動シャッターの安全装置の死角

     障害物感知装置が付いている電動シャッターに、電動車椅子に乗った高齢者が挟まれて重傷を負う。こんな衝撃的な事故が2016年9月に発生した。事故を重く見た消費者庁は、電動シャッターに関する消費者安全調査委員会を17年7月に設置。過去の事故を含め、詳しく調査中だ。

  • 図面と異なる施工、レオパレスが集合住宅915棟を調査

    レオパレス21は、1990年代半ばに販売した集合住宅「ゴールドネイル」などで、建築確認を受けた図面と実際の施工内容が異なっていたと発表した。確認申請図書に記載があった小屋裏界壁が施工されていない建物は、現在までに168棟で確認されている。同社は現存する915棟に関して全数を調査。界壁がない建物につい…

  • 確認取り消しマンションで地裁判決、「都の判断に誤りなし」

     東京都文京区で完成間近だった分譲マンションの、建築確認の取り消しを巡る訴訟の判決が、東京地方裁判所で5月24日に下された。東京地裁は建築確認を取り消した都の判断に「誤りなし」と認め、処分の取り消しを求めていたNIPPOと神鋼不動産の請求を棄却した。

  • レオパレスのアパートに建基法違反の疑い、3万7853棟を全棟調査

    レオパレス21は5月29日、国土交通省で会見を開き、1996年から2009年に同社が施工した物件の一部で、建築基準法に違反する疑いがある物件が発見されたと発表した。同社は全国3万7853棟のアパートについて、19年6月までに全棟を調査。施工に不備があった物件について同年10月までに順次補修する。

製品ガイド

一覧を見る

特集

連載・特設

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

建築・住宅

もっと見る