閉じる

自動車

ピックアップ

ニュース解説

  • 「単独での開発投資はリスク大」、三菱ふそう会長

    誰が生き残るのか――。自動運転化や電気自動車(EV)化など、100年に1度の改革の波が自動車業界に押し寄せている。業界の主導権を賭けたこの争い、対象は乗用車だけではない。比較的「平穏」とされてきたトラックやバスにも波及し、商用車メーカー各社は対応に奔走する。

  • JNCAP、2018年度の自動ブレーキ試験 夜間の歩行者を対象

    国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)は2018年6月中旬に、2018年度の新たな予防安全性能評価試験として、夜間の歩行者を対象にした自動ブレーキ試験を開始した。今期に試験する10車種の国産車を選定した。実環境を模擬した二つの試験シナリオを用いて、各車の自動ブレーキの性能を評価する。

一覧を見る

人気&新着コラム

一覧を見る

特集

  • VWと日野の提携、輸送業界の“悲鳴”を収益に変えられるか

     「商用車が直面している課題は、トヨタグループ内だけでは解決が難しい」。日野自動車社長の下義生氏は新たな一歩を踏み出す覚悟を固めた。自動車業界を驚かせたのは、パートナーとして手を組んだのがドイツ・フォルクスワーゲン(VW)だったこと。日野とVWのトラック・バス部門は2018年4月、商用車分野における…

  • 超小型EVを狙うパナソニック、理由と夢と針路

     カーナビゲーションシステムやETC(自動料金収受システム)車載器、ドライブレコーダーなど、これまでも自動車用の機器を製品化してきたパナソニック。同社が次に狙うのは、2輪車・超小型車・軽自動車といった超小型の電気自動車向けの電動プラットフォームである。

一覧を見る

自動運転/ADAS

一覧を見る

新車レポート

一覧を見る

車載部品

一覧を見る

有料会員にお薦め

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る