閉じる

鉄道

注目の特集

連載/コラム

  • 東京大改造

    リニア大深度初弾は熊谷JV、疑惑の大手4社の参加は不明

     JR東海は、大深度地下に建設するリニア中央新幹線のシールドトンネルで初弾となる北品川工区の施工者を熊谷組・大豊建設・徳倉建設JVに決定した。この工区は品川駅から延長9.2kmの区間で、土かぶりは最大約90m。

  • 今号の1枚|日経アーキテクチュア

    駅直結のガラス張り図書館、にぎわいを街に見せる

    周南市立徳山駅前図書館 設計:内藤廣建築設計事務所

     日経アーキテクチュアの最新号に掲載した建築物をピックアップ。今号の1枚は、吉田誠さんが撮影した「周南市立徳山駅前図書館」です。「建築プロジェクトデータベース」(日経 xTECH有料会員サービス)では、雑誌の発行と連動して最新の建築情報を更新。概要データや写真・図面などを見ることができます。

一覧を見る

ニュース

一覧を見る

ニュース解説

  • 東京大改造

    リニア大深度初弾は熊谷JV、疑惑の大手4社の参加は不明

     JR東海は、大深度地下に建設するリニア中央新幹線のシールドトンネルで初弾となる北品川工区の施工者を熊谷組・大豊建設・徳倉建設JVに決定した。この工区は品川駅から延長9.2kmの区間で、土かぶりは最大約90m。

  • 東京大改造

    線路をまたぐ本社ビル、西武HDが池袋で上棟式

    下部は巨大V字柱、上部は格子状ブレースで覆う

     西武ホールディングス(HD)は4月9日、東京・池袋で建設中のオフィスビル「西武鉄道池袋ビル(仮称)」の上棟式を開いた。全貌を現した地上20階建てのビルは、西武池袋線の線路をまたぐ格好で立つ。外部に露出した斜めの構造体が特徴的だ。日建設計が設計を手掛けた。2019年春の開業を目指す。

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る