閉じる

業界動向

注目の特集

連載/コラム

  • あなたの会社は大丈夫?!

    有望な開発や事業を見つけ出す「特許マーケティング」とは何か

    三井物産戦略研究所 技術・イノベーション情報部 知的財産室 室長、弁理士、AIPE認定シニア知的財産アナリスト

     有望な開発テーマや新規事業をどのように見つけたらよいのか。今、多くの日本企業がこの問題に頭を抱えている。この悩みに応えるのが、特許情報を有効活用する新たなマーケティング手法「特許マーケティング」だ。考案者であり、「技術者塾」で「特許マーケティングによる新規用途・事業開発 知財情報戦略 応用編」(2…日経 xTECH

  • AIウォーズ勃発

    年収半減でも入社したい、オムロン魅力の秘密

     オムロンは2017年4月から全社プロジェクトとしてAI人材の獲得に乗り出した。同社技術・知財本部の浜崎秀泰課長は「毎年数十人の規模で採用を進めたい」と話す。日経 xTECH

一覧を見る

速報

一覧を見る

ニュース解説

  • ニュース解説

    部品最大手が顧客の車メーカーとの競合辞さず、ボッシュがライドシェア参入

     自動車部品最大手の独ボッシュは2018年2月21日、ライドシェア(相乗り)事業に参入すると発表した。ライドシェアは、主要顧客である自動車メーカーが熱心に事業性を探る分野。Boschの参入表明は、顧客との真っ向勝負を辞さないことを意味する。日経 xTECH

  • ニュース解説

    「冗長性」と「見えない領域」、GM無人運転の中核技術

    巨人の巻き返しなるか、「クルーズAV」の実力(後編)

     米GMが2019年に量産する無人運転車「クルーズAV」。自動運転車の開発競争で先頭を走るグーグルを強く意識した車両だ。IT大手が脚光を浴びる開発競争で、存在感が薄かったGM。クルーズAVは、開発競争で巻き返す実力を秘める。前編ではグーグルとの違いを強調するGMの戦略を追った。後編ではクルーズAVの…日経 xTECH

一覧を見る

イベントレポート

一覧を見る

インタビュー

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

総合

もっと見る