閉じる

BCP・防災

注目の特集

連載/コラム

  • ねっとわーく 読者から

    維持管理事業への交付金拡充を

    匿名希望(44、自治体)

     自治体で技術系職員として働いている。私が所属している自治体は財政状況が厳しいうえ、全体の歳出に占める社会保障関係費の比率も高まっている。その影響を受けて、土木関係の予算は年々縮小される傾向にある。一方で、自治体が所管する橋梁や道路などのインフラは老朽化が進み、維持管理に必要な費用が増えつつある。

  • 私の駆け出し時代

    言うべきことを言えなかった英国での苦い経験─アラップ・小栗新氏

    小栗 新氏(Arup日本における代表者)、その3〔失敗に学ぶ編〕

     2度目のロンドン赴任となった2003〜04年、小栗新氏はもう1つの空港プロジェクト「ヒースロー空港第5ターミナル」に携わる。担当したのは、ターミナルビルと駐車場棟の間をつなぐ5つのブリッジ。多くの関係者の合意を得て進めることが求められる役割だったが、ある会議で、方向性の違う発言に対して反論しないま…

一覧を見る

ニュース

一覧を見る

ニュース解説

  • ニュース解説:土木

    水深わずか10cm程度でも発電が可能に

     鉄建建設は、NewAct(東京都豊島区)、あき電器(東京都調布市)、久力製作所(茨城県行方市)と共同で、小さな農業用水路やトンネル湧水を排出する中央排水溝など、水量の少ない場所に適した小水力発電装置を開発した。現在は茨城県石岡市の農業用水路で試験運転を実施している。

  • ニュース解説:土木

    熊本地震や17年豪雨で岩盤に緩みか、大分土砂崩落

     大分県中津市耶馬渓町の土砂崩落で、国土交通省は現地の調査報告を公表した。現地調査に参加した専門家の1人は、2016年の熊本地震や17年の九州北部豪雨が影響した可能性を指摘している。

一覧を見る

インタビュー

一覧を見る

ホワイトペーパー

一覧を見る

プレスリリース

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る