閉じる

オピニオン

  • 働き方改革にアジャイルは効く、残業時間6割削減の総務部門

     ヴァル研究所の総務部門は、壁やホワイトボードを使い、あらゆるところにタスクボードなどを設置している。これらによって、仕事の進捗状況やメンバーの作業内容が一目瞭然になるのだ。

  • 異職種からエンジニアへ、企業が転身組に群がる理由

     エンジニア教育を手掛けるdivは非IT職種からエンジニアになった人の転職を支援するために、ほぼ毎週企業説明会を開催している。ITエンジニア不足が叫ばれるなか、異職種出身者は「1回の開催につき内定が1人出る」(divの張ヶ谷拓実執行役員)ほどの実績という。

  • 注目の量子コンピュータ、フツーの会社で使えるか

     量子コンピュータが注目を集めている。量子化学やシミュレーションなどの用途は有名だが、量子コンピュータがフツーの会社の情報システムにどう影響するのかは明らかになっていない部分が多い。

  • IoT元年から2年、先行者に学ぶ成功の秘訣

     2016年はIoT(インターネット・オブ・シングズ)元年になる――。こう言われて早2年半が過ぎた。2016年は前評判ほどの盛り上がりはなかったものの、ここに来てクラウドサービスを使ったIoT事例がぐっと増えている。

  • 要件が固まらないと仕事が進まない、こう言い訳するSEはいらない

     「最近はちょっと採用のやり方を変えているんです」。少し前、あるIT企業の幹部と話していて出てきた言葉に、筆者は驚いた。その幹部によれば、ITの専門技術を持つ人よりも、異業種出身の人を採用するようにしているという。ITをずっとやってきた専門の技術者はあえて選んでいないというのだ。

  • LPWAは複数規格が共存できる状況が維持できれば成功

    IoT向け無線通信手段として期待されているLPWA(Low Power Wide Area)の本格的なサービス提供が続々と始まっている。今回のテクノ大喜利では、LPWAのサービス提供が本格化することによるIoT応用の広がりの方向性、さらに関連サプライヤー企業に生まれる商機などについて2人の回答者に意…

  • 中国製ドローンに魅せられて衝動買い、日本企業がダメな理由を考えた

     ドローンを衝動買いしてしまった。というか、ドローンに魅せられてしまったといったほうが適切な表現だろう。中国DJIの「Mavic Air」だ。DJIは世界最大手だから当然の選択ではある。しかし、まさか中国メーカーのハイテク製品に物欲が爆発する日が来るとは思いも寄らなかった。

  • アマゾン銀行に備えよ、邦銀連合を志す意外な人物

     地域の信用金庫が全国規模のプラットフォームを運営する。言葉を選ばずに言えば、身の丈に合わない目標に聞こえるかもしれない。だが、「誰がやるかは大した問題じゃない」。横浜信用金庫 業務推進部でプロジェクトリーダーを務める田島達也氏は意に介さない。

  • LPWA応用のIoT機器、産業市場の安定感と民生市場の大量生産を両立

     LPWAサービスの本格化によるIoT応用の広がりの方向性、さらに関連サプライヤー企業に生まれる商機などについて議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は某ICT関連企業の半導体部品ユーザー氏である。産業機器の範疇に入る市場特性でありながら、大量生産が見込めるインフラ向け市場の魅力とその開拓に…

  • ほど遠い行政のIT化、FAXを廃止できない理由

     東京都目黒区で当時5歳の女児が父親の虐待を受けて死亡していたという、いたましい事件が2018年6月に報道された。注目されたのは児童相談所などがいまだにFAXで情報をやりとりしている事実だった。

  • LPWAの潜在能力は高い、ただし応用拡大には課題が多い

     今回のテクノ大喜利では、LPWAのサービス提供が本格化することによるIoT応用の広がりの方向性、さらに関連サプライヤー企業に生まれる商機などについて議論する。1番目の回答者は、アーサー・D・リトルの三ツ谷翔太氏である

  • HoloLensを着けた人類はもはや超能力者かもしれない

     米マイクロソフト(Microsoft)の透過型ヘッドマウントディスプレー(HMD)「HoloLens」は、人類の知覚を拡張するものだ。そう思わせるアプリケーションに出会った。マイクロソフトリサーチ(MSR)が開発した「Cardiolens」だ。

  • 取引停止命令に翻弄されたZTE、その姿に思う「明日はわが身か」

     米中ハイテク貿易摩擦が激しさを増している。1980年代の日米貿易摩擦において、日本は米国の要求に直接対峙する立場となり、半導体産業の行方を大きく左右する攻防を繰り広げた。今回の米中貿易摩擦では、直接の当事者ではないが、両国との取引が多い日本の電子産業、さらには装置・材料産業に及ぶ影響は大きい。今回…

  • 働き方改革の副作用、余暇が増えても学習時間は増えない

     このままでは第4次産業革命に乗り遅れる。こんな危機感を抱かせる調査結果をリクルートワークス研究所が2018年6月6日に発表した。働き方改革で残業削減や休日取得が進み余暇は増えても、学びの機会は減っているという。

  • あなたの知らない時刻の世界

     「あなたのパソコンの時刻は合っていますか」。こう聞かれると、「NTP(Network Time Protocol)を使っているから大丈夫」と答える人が多いだろう。筆者もそう思っていた。だが、取材すると、時刻合わせの世界は想像以上に奥が深いことに驚いた。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る