閉じる

オピニオン

  • 仮想通貨交換所の自主規制ルール案を考えてみる

     2018年1月26日に発生したコインチェックのNEM流出事件は、これまで仮想通貨の存在を「社会実験」「イノベーションの促進」として認めていた蜜月の時代の終焉を意味する、と筆者は考えている。日経 xTECH

  • 同一労働同一賃金とは「年功序列をやめること」、見えてきた働き方改革の本質

     「同一労働同一賃金は、簡単に言うと年功序列、年功型の賃金をやめましょうと言ってるんですよ」。勤怠管理などのクラウドサービスを開発するチームスピリットの荻島浩司社長はこう説明する。同氏は一般社団法人働き方改革コンソーシアムの企画パートナーを務めており、働き方改革に関して一家言持つ人物だ。働き方改革に…日経 xTECH

  • aibo復活で心痛は癒えた、ソニーの真価を見せつけてほしい

     今回のテクノ大喜利では、再登場したaiboの、意義と実利について議論した。最初の回答者は、ソニーOBである服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。日経 xTECH

  • エヌビディアのEULA改訂で考える「お客様は常に神様なのか」

     2017年11月、米エヌビディア(NVIDIA)は、同社の普及版GPU「GeForce」と「TITAN」を利用する時に欠かせないドライバーの使用許諾契約(End User License Agreement:EULA)の中に、データセンターでの利用を禁止する項目を追加。データセンター向けに設計した…日経 xTECH

  • 君の名は「さるぼぼコイン」、飛騨高山で見た地方創生のリアル

     昨年末の話だが、岐阜県高山市と飛騨市に出張に行く機会があった。地場の金融機関である飛騨信用組合が12月、電子地域通貨「さるぼぼコイン」を正式スタートすると聞き、現地に駆けつけた。日経 xTECH

  • エヌビディアの施策にも一理、ユーザーの試練は革新創出の土壌に

     NVIDIAによる使用許諾計画の改定では、NVIDIAとユーザーの双方がそれぞれの試練に直面している。どのような落としどころを見出すかは、AIや自動運転におけるサプライヤーとユーザーの関係を考える際の重要事例となることだろう。NVIDIAによる使用許諾契約改定が客観的にどう見えるかを論じている今回…日経 xTECH

  • 技術を理解しようとしない記者はいずれ駆逐される

     記事の執筆者の技術レベルが問われるようになってきている。記者が執筆するメディアの記事でも同じだ。今後は、技術を理解しようとしない記者が書く適当な記事に価値を見出す人はいなくなっていくだろう。日経 xTECH

  • エヌビディアは顧客軽視、との印象を図らずも与えてしまった

     NVIDIAによる、自社製GPUのデータセンター使用での使用許諾契約(End User License Agreement:EULA)改定の是非について、外部からどのように見えるのかを議論している今回のテクノ大喜利。4番目の回答者はGrossbergの大山 聡氏である。同氏は、たった3年間で時価総…日経 xTECH

  • Alexaイベントで開発者が嘆く、Amazon Echoの3つの死角

     「Alexa Day 2018」というイベントを取材した。AI(人工知能)スマートスピーカー「Amazon Echo」向けのアプリ「Alexaスキル」に関する技術解説や事例に関する講演があった。そこで「3つの死角」が見えた。日経 xTECH

  • 深層学習も自動運転も、開拓者によるGPUの目的外使用だった

     エヌビディア(NVIDIA)による、自社製GPUのデータセンター使用での使用許諾契約改定が客観的にどのように見えているのか、その妥当性と波及効果、ユーザーの自衛策を議論している今回のテクノ大喜利。3番目の回答者は服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。同氏は、顧客とサプライヤー…日経 xTECH

  • うなぎも育てるタクシー会社、第一交通が宿敵ライドシェアと組む理由

     「不安はないのかって?そりゃもちろん心配ですよ。でも手を組まないと相手の手の内が分からない」。中国のスマホ配車大手・滴滴出行と提携したタクシー会社の第一交通産業。同社の田中社長が苦しい胸の内を語った。日経 xTECH

  • 目的外部品で価値あるシステムを作るのは、創意工夫なのでは

     エヌビディア(NVIDIA)による、自社製GPUのデータセンター使用での使用許諾契約改定が各回答者からはどのように見えるのか、その妥当性と波及効果、ユーザーの自衛策を議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は慶應義塾大学の田口 眞男氏である。同氏は、顧客とサプライヤーの関係とは何かという観点…日経 xTECH

  • 人を増やさず売上高27%増、IT変革へ退路断ったANAの本気

     「2018年4月に非正規雇用を含め4万7000人の社員がいるが、2020年時点でも5万人弱にとどめる。同年の羽田空港発着枠増加に向け採用を増やすものの、IT活用でできるだけ生産性を上げ、社員数の伸びを抑制していく」(芝田浩二上席執行役員)――。日経 xTECH

  • だまされて当たり前、ビジネスメール詐欺

     猛威を振るう「ビジネスメール詐欺」。国内でも巨額の被害が確認されている。「何で簡単にだまされるのだろう」と思っている人は少なくないだろう。だが、だまされて当たり前。あまりにも巧妙だからだ。日経 xTECH

  • エヌビディアの契約改定に感じる10%の理解と90%のやり方のマズさ

     2017年11月、米エヌビディア(NVIDIA)は、同社の普及版GPU「GeForce」と「TITAN」を利用する時に欠かせないドライバーの使用許諾契約の中に、データセンターでの利用を禁止する項目を追加した。今回のテクノ大喜利では、今回のNVIDIAの施策の妥当性と波及効果、これによって影響を受け…日経 xTECH

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

総合

もっと見る