閉じる

ニュース

  • DBコストの削減策を提案、コーソルが無料相談サービス

     データベース(DB)導入や運用支援を手掛けるコーソルは2018年6月21日、DBに関する費用削減や製品選択の相談を無償で提供するサービス「DBAの窓口」の提供を始めると発表した。依頼があった顧客企業に担当者が出向き、悩みを解決するために最適な製品を提案する。

  • 日立がデータサイエンティスト3000人育成へ、鉄道や生産などOT向けスキルも定義

     日立製作所は2018年6月21日、データ分析などの専門家である「データサイエンティスト」の数を、グループ全体で今の700人から2021年度までに4倍超の3000人に増やすと発表した。

  • Micronの2018年度3Q決算、DRAM好調で営業利益率は50%超

     米マイクロン・テクノロジーは、2018年度第3四半期(2018年3~5月)の決算を発表した。売上高は前年同期比40.1%増、前四半期比6.1%増の77億9700万米ドル、営業利益は前年同期比101.4%増、前四半期比10.8%増の39億5300万米ドル、純利益は前年同期比132.1%、前四半期比1…

  • マグナ、48Vマイルドハイブリッド用のトランスファーを発表

     カナダ・マグナ(Magna International)は2018年6月14日、48Vマイルドハイブリッド用のトランスファー「etelligentDrive eDS 48V High Performance System」を発表した。マイルドハイブリッド車を4輪駆動にできるトランスファーで、2輪駆…

  • 横浜市で太陽光の展示会、「自家消費」「水上」「営農型」「O&M」に脚光

    「PVJapan2018」が6月20日~22日の日程で横浜市西区のパシフィコ横浜で開催されている。自家消費型太陽光を想定したシステム提案のほか、水上設置型やソーラーシェアリング(営農型太陽光)など、開発余地の大きい立地に対応したシステムの展示が目立った。

  • ADI、EMIを低く抑えられる車載オーディオバス「A2B」向けトランシーバーIC

     米Analog Devices社(ADI)は、放射電磁雑音(EMI)を低く抑えられる車載オーディオバス「A2B(Automotive Audio Bus)」向けトランシーバーIC「AD242x」を発売した。A2Bは、UTP(Unshielded Twisted Pair)ケーブルを介して、音声デー…

  • TI、27〜36Vと高い電源電圧で動作するオペアンプICを3製品発売

     米Texas Instruments(TI)社は、+27〜36Vと高い電源電圧で動作するオペアンプICを3製品発売した。「OPA2810」は、最大+27Vの電源電圧で動作するデュアル構成のJFET(接合型FET)入力のオペアンプIC。「THS3491」は、最大+32Vの電源電圧で動作する電流帰還型…

  • トランプの意向で孤立したMIPS、米国のAIスタートアップが買収

     AIコンピューティングの米Wave Computing社は、半導体CPUコアの米MIPS Tech社を買収した。MIPS Techは、2017年9月に英Imagination Technologies Group社が中国系の米国投資会社「Canyon Bridge Capital Partners…

  • NEDO、エッジ側だけでAI学習を可能にする脳型情報処理回路

     新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、産業技術総合研究所(産総研)、パナソニックセミコンダクターソリューションズ、北海道大学とともに、アナログ型抵抗変化素子(Resistive Analog Neuro Device:RAND)を用いたAI(人工知能)半導体向け脳型情報処理回路を開発し…

  • 地震関連火災を26件から7件に修正、消防庁

     大阪府北部で地震が発生した6月18日、複数のテレビ局が地震に関連する2カ所の住宅火災を中継した。そのため、地震関連の火災が多数発生した印象が強い。しかし、実際の発生件数は7件程度にとどまりそうだ。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る