閉じる

日経ホームビルダー:有料会員限定記事

  • 2018年3月号 ニュースの深層

    「太陽光なし」の新ZEH誕生

     補助金額は条件によって異なるものの、基本的にZEHなどは1戸当たり70万円、ZEH+は同115万円を補助する予定だ。

  • 2018年3月号 使えるニュース

    建て売りの職人は9時間労働

    調査

     建築現場で働く職人の中で、1日の労働時間が一番長く、1カ月の労働日数が一番多いのは、建売住宅会社の現場で働く職人――。

  • 2018年3月号 使えるニュース

    自治体の過半が空き家対策へ

    住宅政策

     空き家の撤去や活用を促す計画を立てる自治体が急速に増えている。2018年3月末には全国の市区町村の過半に達する見通しだ。国土交通省と総務省が共同で、17年に空家等対策の推進に関する特別措置法(空き家法)の施行状況を調べて明らかになった。

  • 2018年3月号 使えるニュース

    HEMSの強化で既存も視野に

    技術

     パナソニックは2018年1月16日、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)用製品「AiSEG2(アイセグ2)」の機能を強化すると発表した。バージョンアップした新製品を3月21日に発売する。既存のAiSEG2の利用者は、3月21日以降にバージョンアップが可能になる。

  • 2018年3月号 使えるニュース

    エアコンや食洗機で火災が相次ぐ

    トラブル

     エアコンや食器洗い乾燥機(食洗機)など、家庭用電気製品に起因する火災が相次いでいる。製造メーカーはリコール(回収・無償修理)に踏み切るなど対応に追われている。

  • 2018年3月号 使えるニュース

    トヨタホームが木造で新規開拓

    経営戦略

     鉄骨造の注文住宅を手掛けるトヨタホームは、木造住宅の事業に本腰を入れる方針を明らかにした。第1弾として東京都練馬区に11区画の分譲住宅を建築。2018年1月以降の販売開始を目指す。木造住宅事業で新たな顧客層を開拓する。

  • 2018年3月号 使えるニュース

    2年間IoTの利用料を負担

    経営戦略

     注文住宅を手掛けるアキュラホームは、2018年1月2日から3月31日までの期間限定で、IoT(モノのインターネット)を活用した住宅「MIRAI ZEH-NEO(ミライゼッチ・ネオ)」を販売する。

  • 2018年3月号 使えるニュース

    耐震診断で「新耐震」の割合増す

    調査

     日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)は1月17日、耐震診断が実施された木造住宅のうち、過去3年は新耐震以降の住宅比率が高まり、旧耐震を明らかに上回ったとするレポートを公表した。

  • 2018年3月号 特集 ひび割れ許さん! クレーム0(ゼロ)作戦

    ヘアクラックを言い訳にしない

    目次

     基礎のひび割れには「許容されるもの」と「されないもの」がある。建て主に丁寧に説明すれば、それを分かってもらえるはず——。これが従来の住宅業界の常識だった。しかし、最近はヘアクラック(微細なひび割れ)さえ許さない建て主が増えている。このため従来の説明路線から転換、多くの企業がヘアクラック対策に取り組…

  • 2018年3月号 特集 ひび割れ許さん! クレーム0(ゼロ)作戦

    完成翌月に深刻なひび割れ

    Part 1 潜むトラブル

     引き渡し直後の家を点検した建て主は「工事が非常に乱雑」と直感した。「この様子では見えない所はもっと危ない」。不安に感じて床下に潜り、基礎に顔を近づけた。そこで目の当たりにしたものは──。

  • 2018年3月号 特集 ひび割れ許さん! クレーム0(ゼロ)作戦

    中小もヘアクラック対策に本腰

    Part 2 広がる取り組み

     ヘアクラックは許容されるもの—。そんな従来の常識と決別し、対策に本腰を入れる住宅会社が増えている。その動きは、大手から地域の住宅会社へと広がりを見せつつある。

  • 2018年3月号 特集 ひび割れ許さん! クレーム0(ゼロ)作戦

    骨材が乾燥ひび割れを左右

    Part 3 常識覆す新知見

     ヘアクラックの原因はコンクリートの乾燥収縮だ。これを抑制するには、単位水量の低減が最も効果的とされてきた。しかし、最新の研究でもっと大きな影響を与える要因が浮かび上がってきた。

  • 2018年3月号 特集 ひび割れ許さん! クレーム0(ゼロ)作戦

    ひび割れはここまで許される

     ひび割れはどこまで許されるのか。まずは基準値を正確に把握しておくことが重要だ。そのうえで、ヘアクラックに対してどう対処するのか、各住宅会社で明確な方針を立てる必要がある。

  • 2018年3月号 特集 ひび割れ許さん! クレーム0(ゼロ)作戦

    弾性塗料の施工法を詳説

    定期購読者限定

     本誌ではご覧になれないイチ押しの図面や写真など、日経ホームビルダー購読者の方だけがご覧いただけます。

  • 2018年3月号 リポート 省エネ改修

    温度から断熱手法を逆算

     「足元の寒さを防ぎたい」「居室の表面結露を防ぎたい」──。既存住宅の居住者が抱える悩みに応える省エネ改修の提案や、失敗を防ぐ方法を示した「改修版 自立循環型住宅への設計ガイドライン」が2018年3月に発行される。その見どころを一足早く紹介する。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

総合

もっと見る