閉じる

市場調査

  • 建築単価ウオッチ

    【事務所】建築コスト続伸で最高値更新

    日経アーキテクチュア・ウェブ有料会員限定の新コンテンツ「建築単価ウオッチ」では、一般財団法人建設物価調査会が調査・分析した建築のプライスとコストに関する最新情報を、毎週(月4回、原則木曜)提供していく。2017年1月調査に基づく鉄骨造の事務所の建築単価は、鋼材のさらなる値上がりなどによってプライス推…社会インフラ研究所

  • 建築単価ウオッチ

    【マンション】年をまたいで建築コスト続伸

    日経アーキテクチュア・ウェブ有料会員限定の新コンテンツ「建築単価ウオッチ」では、一般財団法人建設物価調査会が調査・分析した建築のプライスとコストに関する最新情報を、毎週(月4回、原則木曜)提供していく。2017年1月調査に基づく鉄筋コンクリート造マンションは、年をまたいで建築コストが続伸し、総工事費…社会インフラ研究所

  • DATA&DATA

    「VR元年」、2016年度VR市場は82億円 5年後は21倍の1700億円まで急拡大

     MM総研は拡張現実(AR)と仮想現実(VR)について、一般消費者の利用実態や市場規模を分析した。同社は2016年度(2017年3月期)を「VR元年」と位置付ける。ARとVRにそれぞれネームバリューのあるコンテンツやハードウエアが登場し、値ごろ感のあるVR用のヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)…日経コンピュータ

  • WSTS世界半導体統計

    グラフで見るWSTS世界半導体統計(~2016年12月)

    WSTS世界半導体市場統計の最新データ(2016年12月集計)を更新しました。日経テクノロジーオンライン

  • 建築単価ウオッチ

    【高齢者福祉施設】電気・躯体コストが上昇

    日経アーキテクチュア・ウェブ有料会員限定の新コラム「建築単価ウオッチ」では、一般財団法人建設物価調査会が調査・分析した建築のプライスとコストに関する最新情報を、日経BPインフラ総合研究所を通じて毎週(月4回、原則木曜)提供。今回は、2016年12月調査に基づく高齢者福祉施設の動向を取り上げる。社会インフラ研究所

  • 建築単価ウオッチ

    【戸建て住宅】東京圏の中心価格帯は15万~21万円/m2

    日経アーキテクチュア・ウェブ有料会員限定の新コンテンツ「建築単価ウオッチ」では、一般財団法人建設物価調査会が調査・分析した建築のプライスとコストに関する最新情報を、毎週(月4回、原則木曜)提供していく。今回は、2016年12月調査に基づく木造の戸建て住宅の動向を取り上げる。社会インフラ研究所

  • DATA&DATA

    中堅中小企業の過半が「IoTに投資せず」 「RPA」は黎明期ながらニーズあり

     ノークリサーチは国内の中堅中小企業(売上高500億円未満)でのIoT(インターネット・オブ・シングズ)や「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の活用に関する調査結果を発表した。RPAとはPCを使った定型業務をソフトウエア型のロボットで自動化する技術を指す。日経コンピュータ

  • 建築単価ウオッチ

    【事務所】鋼材の値上げで建築単価やや上昇

    日経アーキテクチュア・ウェブ有料会員限定の新コンテンツ「建築単価ウオッチ」では、一般財団法人建設物価調査会が調査・分析した建築のプライスとコストに関する最新情報を、毎週(月4回、原則木曜)提供していく。2016年12月調査に基づく鉄骨造の事務所の建築単価は、鋼材の値上がりによってプライスもコストもや…社会インフラ研究所

  • 建築単価ウオッチ

    【マンション】前月比でわずかに上昇

    日経アーキテクチュア・ウェブ有料会員限定の新コンテンツ「建築単価ウオッチ」では、一般財団法人建設物価調査会が調査・分析した建築のコストとプライスに関する最新情報を、毎週(月4回、原則木曜)提供していく。2016年12月調査に基づく鉄筋コンクリート造マンションは、プライスもコストも前月比でわずかに上昇…社会インフラ研究所

  • DATA&DATA

    国内クラウドサービス市場は3割成長 2020年度には3兆円規模に

     MM総研は国内のクラウドサービスに関する調査結果を発表した。2015年度の市場規模は前年度比33.7%増の1兆108億円で、初めて1兆円を突破した。日経コンピュータ

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

総合

もっと見る