閉じる

雑誌の最新号から

専門誌最新号

  • キーワード

    仮想通貨マイニング(Cryptocurrency Mining)

     仮想通貨を新たに得る行為を指す。仮想通貨の取引は取引データの正確性を検証したうえで、過去の取引履歴とともに改ざんできないように管理する必要がある。仮想通貨には全体を一元管理するシステムや管理者が存在せず、取引データの検証や取引履歴の管理はピア・ツー・ピア(P2P)ネットワークを介し個人や企業のPC…日経コンピュータ

  • 乱反射

    データ分析・連携技術が浮上 幻滅期を抜け、利用が始まる

     情報サービス産業協会(JISA)が協会所属企業の技術者に調査したところ、今後利用する計画がある要素技術のランキングで「データマイニング」が1位になった。2位は「クラウド型データウエアハウス」、3位は「クラウドデータ連携技術」。これら3技術の利用実績はまだ低いものの、認知度(当該技術に一定以上の知識…日経コンピュータ

  • 日経コンピュータ ニッポンIT事件史

    富士通―IBM紛争終結 PC/AT互換機始動へ

    1987年(昭和62年)

     日経コンピュータは2019年秋に創刊1000号を迎える。1000号に向け、創刊の1981年以降に起こったIT関連の出来事を1年ずつ振り返る。歴史から教訓を改めて学び、未来に生かすのが目的だ。第8回は1987年(昭和62年)。富士通と米IBMによるメインフレームOSの知的財産権をめぐる長年の紛争に区…日経コンピュータ

  • 半端ない中国IT

    現金を持っていますか?上海の若者に聞いたキャッシュレス事情

     過半の人が、もはや現金を持ち歩いていない――。記者が上海で若者を中心に街頭調査を敢行したところ、キャッシュレス化が進む中国社会の実像が明らかになった。日経コンピュータ

  • 日経コンピュータ 緊急特集

    挑戦せず責任を押し付け合い、大企業病NECの復活シナリオ

     「大企業病」「制度疲労」「内向きの仕事がたくさん」「古い会社と驚かれる」「権限移譲しても散々な結果に」「大反省している」̶̶。NECの新野隆社長が日経コンピュータの取材に応じ、後悔の念を吐露した。業績低迷が続くNECの社内で一体何が起きているのか。そして復活はあるのか。日経コンピュータ

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る