• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

【分析】投資先として関心高まるデータセンター、CBRE

2017/11/16

不動産投資先としてデータセンターへの関心が徐々に広まっている。その魅力の一つは、他の不動産アセット・タイプに比べて利回りが比較的高いことだ。過去数年、国内のデータセンター新設数は伸び悩んでおり、データセンターの不足感が高まっている。一方、データセンターへの実需は、今後も拡大が続くことを示唆する調査結果が多数報告されている。データセンターの立地を選定する際のポイントは(1)電力確保、(2)通信品質、(3)自然災害リスクの抑制の3点に集約できる。具体的には、「6万V以上の特別高圧による受電を確保可能」、「都心から50km圏内」、「自然災害リスクが低い地域」という条件がそろえば、データセンター向けとして好立地と言える。このうち、特に電力確保に時間がかかることが、昨今のデータセンター用地確保のボトルネックとなっている。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)